映画【関沢】

こんにちは、関沢です。
今日はあいにくの雨ですね。

こんな日は映画をご紹介したいと思います。
2012年の映画「ミッドナイト・イン・パリ」

※解説
ウッディ・アレン監督によるラブコメディ。ハリウッドで売れっ子の脚本家ギルは、婚約者イネズと彼女の両親とともにパリに遊びに来ていた。パリの魔力に魅了され、小説を書くためにパリへの引越しを決意するギルだったが、イネズは無関心。2人の心は離ればなれになり。

行ったことはありませんが
映画上で描かれるパリの街並みは

朝、昼、夕方、真夜中とがらりと表情を変え
見ていて全く飽きません。

ついつい笑ってしまうユーモア
想像を遥かに超えるファンタジー
難しいことを考えるより
純粋に映画の世界に入り込むことで

僕はとても楽しむことができました。

「パリの街に行ってみたい」
見終わった後そんなふうに思いました。

最後に、今回この映画を選んだ理由はラストシーン。「こんな素敵な雨なら悪くないな」という気持ちになりました笑

書いているうちに雨が止んできましたが、雨の日に機会があればぜひ観てみてください☆

本日も良い1日をお過ごしください☆