音楽2【関沢】

こんばんは、関沢です。
今日はある曲をご紹介したいと思います。

安東ウメ子「ペカンペ ウク」

安東ウメ子さん(1932年11月20日‐2004年7月15日)は、北海道帯広市フシココタン出身のアイヌの音楽家です。

初めて聴いたのはもう10年以上前でした。当時聴いた印象は、日常とは異なる不思議な世界観で、何度も繰り返し聴いた記憶があります。その後音楽を聴く機会が減り忘れていたところ、今回整理していたCDの中から見つけて思い出しました。

ゆったりとしたリズム、安東ウメ子さんの柔らかい歌声、トンコリ(アイヌに伝わる伝統的な弦楽器)の優しい音色。今改めて聴いて、心からリラックスできたのでアップしてみます。

この曲は「ペカンベ ウク」という曲名で
菱(ひし)という水草の実採りの歌です。

 

最後に歌詞カードに載っていた
説明を合わせてご紹介します☆

その年によって採れる日が違うんだ。気候がよかったから早くとれた。丸木舟に乗ってやった。私のおばあちゃん舟こぐから「行くか」って言うので私もやったよ。

今日もありがとうございました☆