体感時間【関沢】

こんばんは、関沢です。

5月もついに終わりました。
今日は思うことを綴ってみたいと思います。

 

年々時間が過ぎるのが、とても早く感じます。
10代20代と比べた際、やはり30代がとても早く感じ、またより歳を重ねることで、より早く感じていく気もしています。

 

ジャネーの法則によると、主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるとのことです。例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどですが、5歳の人間にとっては5分の1に相当するという考え方になります。

 

それは何であれ、人生における時間が減っていっていることは紛れもない事実と捉えることにしています。

 

月末に思ったことは、いかに自分の人生における時間を大切にできるかということ。今年もあっという間に5ヶ月が過ぎて、まだまだできていないこと、中途半端になっていることが多々あります。

ジャネーの法則に当てはめると、年々記憶される年月の長さは短くなるため、1年間、1ヶ月、1週間と細分化していくと、二度と返ってこない今日という日を大切にしたいと感じました。

みなさんにとっても
今日という大切な日が何より充実するように

振り返ったとき
本当に意味のある日だったと思えるように

心から願いします☆

今月も最後までご覧頂き本当にありがとうございました。来月もよろしくお願いします☆では失礼します。