偉人の言葉2【関沢】

こんばんは、関沢です。

すっかりブログが遅れました。今月最初のブログは偉人の言葉にしたいと思います。

 

松下幸之助
「自らも楽しみ人々にも喜びを与える。大切な人生をこうした心構えで送りたい」

この仕事に関して、自分自身が楽しむこととは全く別という解釈もあります。傾聴サービスは、あくまでお客様のお話を聴かせて頂き、寄り添っていくこと。自分が楽しむことは自分の気持ちであり、お客様に寄り添う妨げになってしまうことも考えられます。

その考え方とは別に、自分自身が人生を楽しまないと人々に喜びを与えることはできないという気持ちもあります。それはノーベルライフが「働く人の幸せ」という理念を掲げている部分と共通しています。

「お客様により幸せになってほしい」
そのためには
「働く人が幸せになる必要がある」
そのためにまず
「自分自身が楽しく過ごすこと」

今回は、松下幸之助さんの言葉をそういった解釈で捉えました。

「よりお客様に喜んでもらうためには何が必要か」
「働く仲間の幸せは何か」
「自分にとっての幸せ、喜びはどんなことか」

松下幸之助さんの言葉をお借りして、今後もより深く突きつめて考えていきたいと思います。

 

今月もよろしくお願いします。
では失礼します。