感謝【関沢】

こんばんは、関沢です。
すっかりブログが遅れてしまいました。

 

今日は「感謝」について書いてみます。

「感謝」の意味を調べてみると「ありがたく思って礼をいうこと。心にありがたく感ずること」とあります。今回は、ノーベルライフスタッフの高吉、志賀、桜井に向けて「感謝」を伝えたいと思います。

 

一緒に仕事をしている以上業務的なやり取りはあっても、実際に「感謝」を伝えることはほとんどありませんでした。ときには忙しさを言い訳に、心のどこかでイライラしながら接することもあります。でも実は今の自分を支えてくれているのは、一番身近にいる仲間であるスタッフになります。

 

それは
疲れて物事を考えられない場合でも、辛抱強く寄り添ってくれる仲間
悩み抜いた末に迷い相談すると、慎重に受け止めその答えの後押しをしてくれる仲間
誰よりも頑張っているのに、誰よりも感謝の気持ちを持ってくれる仲間
お互い余裕がない中でも気遣いを忘れない仲間
誰よりも仲間のことを考え、想い、見守ってくれる仲間
感謝の気持ち、言葉をしっかり口に出して伝えてくれる仲間
体を気遣ってくれる仲間
ノーベルライフを真剣に考えてくれる仲間
否定されることを恐れず良くないことは良くないと言ってくれる仲間など、様々な形で支えてくれています。

 

「感謝」はその場では気づかず後々振り返って認識できることも大いにありますが、同じ出来事でも全く気づけない場合があります。

僕は自分自身の身体や心が疲れている、余裕がないときほど、目の前の「感謝」を見落としてしまう場合が多々あります。

そんなときには、立ち止まって、振り返って、今自分の周りにいる人への「感謝」の気持ちを確認することで、気づけることもあると感じています。

その結果今回気づけたことは、今自分がいられるのは高吉、志賀、桜井に支えてもらえているからということ、僕が居場所を作ってもらっているということでした。それは何度伝えても伝えきれないくらい、心から「感謝」しています。

 

本日も最後まで読んで頂いてありがとうございました☆失礼します。