笑うこと

おはようございます、関沢です。

今回は「笑うこと」について考えてみます。

 

生活の中で幸せを感じる場面は様々ありますがその一つ、「笑うこと」はどうしても外せない要素だと感じています。それは笑うことがないと心は満たされず、ささやかな笑いを日常に感じる瞬間こそ幸せの実感があると思っているからです。

 

とは言っても、笑うことを忘れてしまうことも多々あります。自己分析をすると、いい意味でも悪い意味でも真面目な性格のため、一つのことに打ち込むと余裕がなくなり笑いを忘れてしまいます。それを認識することで意識的に笑いを感じられるよう日々過ごしています。

 

笑いの効果を調べてみると、脳の働きが活性化、血行促進、自律神経のバランスが整う、筋力アップ、幸福感と鎮痛作用などもあるようです。そして笑うことで幸せを感じられるとしても、何もなく笑っているわけではないはずなので、自分が笑いを感じる瞬間を考えてみました。

猫と戯れているとき
美味しいご飯を食べたとき
友人と話しているとき
映画を見たとき
温泉に入っているとき

漫画、小説を読んだとき
嬉しいことがあったとき
音楽を聴いたとき
自然の中でリラックスしたとき
できないことができるようになったとき

 

上記の例は少し抽象的になってしまいましたが、今特に笑いを感じる瞬間は「お客様と話しているとき」です。何気ない雑談、お客様のユーモア溢れる体験談、おすすめの笑える動画や音楽を教えてもらったとき、気づいたら笑いの方向に持っていってしまうお客様の習性、あげたらきりがないほど笑わせてもらっています。

 

笑ってはいけない、不謹慎だ、という見方も当然存在します。もちろん真剣に思い悩み、苦しみ、困っているお客様との会話で笑いを感じることは決してありません。

でもお客様の会話が笑いを生み、それによって僕が反応し、さらにお客様も笑うことができたら、その循環に無駄なものは存在しないと考えています。またそう思わせてくれるお客様に感謝の気持ちは尽きません。

 

今回は笑うことによって、感じる幸せを大切にしたいと思い書いてみました☆

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。失礼します。