孤独との付き合い方

こんばんは、関沢です。
今日は「孤独」をテーマに書いてみます。

 

孤独とは、他の人々との接触・関係・連絡がない状態を一般に指す。これは深い山にたった一人でいる場合だけではなく、大勢の人々の中にいてなお、自分がたった一人であり、誰からも受け容れられない・理解されていないと感じているならば、それは孤独である。

 

孤独の定義は、1人か大勢かではなく、主観的に誰からも受け容れられない、理解されないと感じているかどうか、ということによるようです。ただし下記のようなポジティブな要素も存在します。

 

人間の精神性において、孤独は必ずしもネガティブなものではない。ドイツの哲学者マックス・シュティルナーが「孤独は、知恵の最善の乳母である」という格言を残しているように、孤独状態において人間は自分の存在などについて考えることを強いられ、その結果創造性、想像力などにつながると多くの哲人は結論付けた。

 

上記の例から、孤独は「自分の受け止め方次第」と考えると理解しやすいと感じました。孤独と向き合い、学び、自分自身を磨き高めていくことも可能ですが、当人が誰かに受け容れてもらいたい、理解してもらいたいと感じる場合、その孤独は苦痛や不安や寂しさを生むきっかけとなります。

 

大勢の中で全員がその人物と交流があると思っていても、当人がそれを感じなければ苦痛を伴う孤独であり、逆に人との接点がほとんどなく1人ひっそり暮らしていても、孤独を楽しめる人もいます。

 

「孤独との付き合い方」として、はっきり答えを導き出すことは簡単ではありませんが、孤独が「辛い」と感じた際は理解を得られる「話し相手」を見つけ、孤独を「楽しめる」と感じた際は思うがままに想像力を巡らせて向き合う、それが現時点での最善の「孤独との付き合い方」だと感じます。

 

 

本日も最後まで読んで頂いてありがとうございました☆失礼します。