偉人の言葉4

こんばんは、関沢です。
7月もあっという間に終わり8月になりました。夏本番ですね☆

月初恒例「偉人の言葉」をアップします。

 

 

藤森正路
「苦しい時でも、とにかく笑っていろ。笑える余裕、ゆとりがないと判断を間違える」

 

人生の中で苦しいことを経験しない人はおそらくいないと僕は考えます。生まれた環境、生い立ち、社会との関わり方、経済状況など背景は様々存在しますが、程度の差こそあれ苦しかったこと、嫌だったこと、辛い状況は誰もが経験しているはずです。

 

僕はそんな状況に追い込まれると

視野が狭くなり
周りが見えなくなり
声も入らなくなり
自分を客観視できず
通常であれば間違えない判断も
誤ってしまうことが何度もありました。

 

では、藤森さんの言葉の捉え方をするとどうなるか。

 

苦しいことや嫌なことは同じです。その際笑っていたら、笑う余裕、ゆとりがあれば、少なくても周りを見る余裕は持てるのではないかと感じました。

 

起こった事実は変わりません。でもその上で正しい判断を行うことができれば、二次被害を防ぐことができ、結果的に自分に課せられた試練を一つ乗り越えることにもなります。

 

どれだけ追い詰められたとしても笑える余裕、ゆとりを持つ大切さ、気持ち一つでいくらでも視野を広げることができることを意識して今月は過ごしていきます。

 

 

最後に今月から僕のブログ更新頻度を2日に一度とさせて頂きます。代わりにスタッフ志賀と毎日交互に更新していきますので、引き続きお楽しみ頂ければ幸いです☆

 

本日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。8月もよろしくお願いいたします。