グザヴィエ・ドラン『Mommy』

こんばんは、関沢です。
今回は映画についてのご紹介です。

 

グザヴィエ・ドラン監督『Mommy/マミー』

とある世界のカナダでは、2015年の連邦選挙で新政権が成立。2ヶ月後、内閣はS18法案を可決する。公共医療政策の改正が目的である。中でも特に議論を呼んだのは、S-14法案だった。発達障がい児の親が、経済的困窮や、身体的、精神的な危機に陥った場合は、法的手続きを経ずに養育を放棄し、施設に入院させる権利を保障したスキャンダラスな法律である。

 

未亡人の女性ダイアンと、ADHDをもつ息子スティーヴ、向かいの家に住むカイラを中心に物語は進みます。

 

とにかく美しい映画でした。様々な物質を照らす光、空の色と雲の形、スティーヴの着るピンク、水色、紫のストライプのシャツ、部屋の照明、木の葉と木々、心地よい音楽とテンポ、心をつかんで離さない魅力に溢れるシーンが多々ありました。

 

内容として、個人的にはADHDをもつ息子スティーヴと同様、主人公ダイアンも仕草、発言、人とのコミュニケーションの取り方から、何かしらの障害を持っているのではないかという印象を持ちました。また、母の障害を持つ息子を想う気持ち以上に、息子の母への純粋な愛に心を動かされました。

 

「愛と希望、どちらを捨てるか」というテーマは重く、それはとてつもない苦痛を伴う内容でもあると感じますが、僕は生きていく上での強さ、美しさ、純粋さ、苦しさに胸を打たれました。

 

機会があればぜひご覧ください☆

 

本日もありがとうございました。失礼します。