こんばんは、関沢です。
今回のテーマは、残8匹からなかなか進めていない魚です。

血鯛
タイ科の海水魚。体形・体色ともマダイによく似るが、頭部の傾斜が急で、尾びれ末端が黒くなく、えらぶた後縁が濃赤色。秋に産卵する。北海道南部から南に分布。美味。

S__3973264

10センチもない小ぶりな鯛ですがとても新鮮そうだったので購入しました。

魚の一番好きな食べ方は何と言ってもお刺身です。お刺身は、素材そのものの味が楽しめて、いくら食べても飽きのこない大好物の一つです。そして今回は、白身魚の代表格といっていい鯛のお刺身に挑戦です。

 

結論をいうと、失敗しました。。

 

小さいからと油断していましたが、よくよく考えると硬い鱗を丁寧に取る作業を見落としていました。その鱗に包丁が引っかかり、身は崩れお刺身として食べれる部位はほんのわずかとなりました。

失敗をすることは決していい気分ではありません。

 

それは自分の力不足を直視し、一番好きな食べ方で食べることができず、何より魚を捌く楽しみが苦しい作業となってしまったことが原因です。

 

ただ、結果、あら汁になりました。

S__3973265

身がたくさんついた中骨は湯通し、流水で冷やし、ぬめりや血合いを丁寧に取り除く。その後昆布、酒、塩、みりん、醤油を入れた汁に入れてアクを取る。鯛の出汁が効いた、あら汁の完成です☆

 

何かで失敗した際は、落ち込む気持ちをいかに迅速に切り替えるかが重要です。結果、今回は美味しいあら汁を食べることができました☆

 

言い換えると、失敗したショックよりも美味しく食べることへの貪欲さがはるかに強かったと言えます笑

 

 

本日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。失礼します。