僕がなによりも傾聴を大切だと思った理由⑥

 

こんばんは、しがです。

骨抜きにされた日の翌日、逆にインタビュアーになって、彼のこれまでの道のりを聴くことにしました。

英語なので、わからない部分もありましたが、精一杯、一言一句聴き漏らさないようにして、彼から出てくるものを追いかけました。

・酒呑みでたびたび暴れるどうしようもない父がいたこと

・家事をするのもたいへんなほど病弱な母と幼い妹のこと

・家族に働ける人がいなかったので、家計のために8歳から市場で必死に働いていたこと、勉強も同じくらいやったこと

・生まれつき、視力が低く、生活で苦労したが、今は支障がないこと

・クリスマスにお母さんとローカルバスで渋滞の中、何時間も揺られて、ファ×××(汚い言葉)と言い続けた日の笑い話

・貧しい場所で生まれたけれど、その場所に生まれたおかげで、英語を話せること、それでたくさんの人に英語を教えられること、それはとてもとても幸せなこと

 

節々から、彼には甘えがなく、どんな苦境でも生きていく強さがあることがわかりました。

風貌からはその苦労がしみ出ていないだけに、ひたすら驚いて、後手にまわってしまい、

今振り返ると、共感の難しさに加えて、あいづちのタイミング、聴く側の姿勢、いいかえの言葉の選び方など、できていないことも多々あり、うまく吸い出すことができませんでした。

 

一方で、前日の彼の傾聴には、声、姿勢、距離、空間、時間などの傾聴の基本的な要素が整っているように思え、

さらに凄いのは、絶妙な言葉選びによる共感のみで、創造的なアドバイスは一切なかったことです。

彼の傾聴がとてつもなくうまいのは、

彼は常に安定していて、決してブレない強い芯があることと、

カウンセリングの勉強はしていないそうなので、何千人もの多種多様な生徒に真剣に向き合って英語を教えていた経験によるものだと思いました。

何度思い返しても、あの時間は、吸いとられるように話しを聴いてもらっただけでした。

それでも、話しを聴いてもらっただけで、やるべきことが浮き彫りになり、

あとは、浮き彫りを実践するかどうかは、自分の意志次第というところまで、動かされました。

答えは聴き手からもらうものではなくて、自分自身で出すものという導きがそこにありました。

 

聴き手として、資格の有無、年齢(彼は28歳)はあまり関係ないと思いました。確かにそれらは勉強量や経験の目安になるかもしれません。

それよりも、聴く側の資質として、大切なことは「安定していること」だと、リッキーと接して思いました。

もうひとつは、聴き手の意見を押し付けない事。

つまり、主観を除外して、バイアスをかけずに、話しをちゃんと聴いてくれる人であること。

 

最も大切な要素である、「安定」とは、自分の姿をよどみなく安心して見つめることができる鏡なんじゃないかなと思いました。

 

これが、人生において、ちゃんと傾聴をしてもらった初めての体験でした。

確かに体重は減りましたが、それ以上に物理的何かが減ったような身軽さを感じることができました。

傾聴において、リッキーとは、いまだに歴然たる差があると思います。ただ彼の背中を追いかけるのではなく、自分独自の安定というものをこれからもつきつめたいと思います。

 

安心したいとき、整理したいとき、進めないとき、

家族、友達、同僚、師など、周りの中で、話しをちゃんと聴いてくれる人を探してみてください。

もし、いなかったら、そのときは電話サービスで自分に合う相手を探してみるのも良いと思います。