トラウマ③「お酒」

 

こんばんは、しがです。

誰にでもお酒の失敗話はあると思います。

自分の場合、失敗ではないんですが、そのときの光景が後をひいて、お酒を飲めない時期がありました。

 

ずっと以前のこと。

友人と一緒に泊まりで他の友人の家に招待されたときのことです。

その夜は、ステーキ祭りというくらいに食べたらさらにステーキがオートマティックに出されるという夢のような食卓でした。

人生で初めてビールというものをのむことになったんです。

初めてなので、ペースもわからず、ビールもオートマティックにどんどん飲みました。

どうやらお酒の強い人間ではなかったようで、食べたものを全部戻してしまいました。

しかも他人様の家で、あらゆるところに派手に。

吐いた時の気持ち悪さよりも、そのときの気まづい雰囲気が頭の中に残り、ビールを見ると無条件にその光景が頭に浮かび、ビールを一切口にできませんでした。

それが、数年後、お酒を出す飲食店で働くようになって。

その店では、ビール以外にシャンディガフを出していて、それに入れるジンジャーエールが自家製でした。

生姜感満載で喉がスースーし、でも口当たりはとてもすっきり。

とにかく市販のものよりも、圧倒的に美味しいものでした。

そのジンジャーエールとビールを配合して、シャンディガフを作っていたので、そのジンジャーエールを飲みたくて飲みたくて、自分で作ったシャンディガフを毎回味見していました。

すると、いつのまにか、ビールを見たときに無条件にこの自家製ジンジャーエールが頭に浮かぶようになったのです。

吐いた時の気まづい雰囲気の記憶によるビール拒否の反応が消去されて、新たに自家製ジンジャーエールのうまさとビールが連合し、ビールを口にできるようになりました。

累計で、何リットルかというくらいの量の味見をしていたので、イメージがうまくすり替わって、克服できたんだと思います。

考えることができる人間にとって、良い悪いにかかわらず、習慣による学習というものの大切さをしみじみと感じました。

 

最後に「酒」と「習慣」に関連する映画を少しだけ紹介します。

1つの作品ではなくて、韓国のホン・サンス監督の全作品です。

この方の作品は、ほぼ全て、作中で当然の「習慣」のように「酒」をのむ、飲み会シーンがあります。

場合によっては、管を巻いた飲み会が延々と続きますが、単純な場面なのに見ていて退屈しません。

何も予定のない休日の昼間に、ぜひ、度数の高いお酒をのみながら、おつまみにホン・サンス監督の作品を、

 

新たなお酒の習慣にどうぞ。