働く仲間の幸せ

こんばんは、関沢です。

今回はノーベルライフの理念「働く仲間の幸せ」について考えてみます。

 

まず幸せの定義は人によって異なります。

 

一緒に働くスタッフがこんなふうに考えたとします。
「お客様に喜んでもらいたい」
「今まで積み重ねた経験を活かせる仕事がしたい」

「人の話を聴くことでその人の力になりたい」
「相談業務を通して生きていくための収入を得たい」
「自分を理解し受け入れてくれる環境で仕事がしたい」
「お客様とのやり取りを通して人生の経験値を積みたい」
「自分の居場所を作りたい」
「仲間と価値観を共有したい」

 

それぞれ望むことが異なる以上、これが正解というものはありません。その上で一つ一つを実現するために、今何ができるのかということを考え続けることが理念です。

 

それは常に変動していくものであり、「これで終わり」ということは決してありません。

 

仮に、スタッフが望む幸せを実現できない場合があったとします。それは、ノーベルライフの努力が足りないという結論に尽きます。

 

なぜなら、働く仲間の幸せに重きを置いているにも関わらず、どんな形にせよその実現ができなかったこと、それは現時点では会社の力不足以外はありません。

 

ただ、現時点で補うことができない状況も当然存在し、今精一杯努力をすることで少しずつでもその幸せに近づく可能性、そこを信じてついてきてもらうこと、時間はかかっても約束したことは必ず実現することを示すこと。それが今自分にできる唯一の行動だと感じています。

 

そういった信頼関係を作ることがノーベルライフにおける最重要項目です。ときに強制や配慮不足や判断ミスもある中、ついてきてくれるスタッフに心から感謝します。またこういったサービス形態を理解してくれ、快くお電話を頂けるお客様に、この場を借りてお礼申し上げます。今までノーベルライフスタッフへたくさんのお電話を頂き本当にありがとうございます。より良いサービス提供ができるようスタッフ一同努力を続けていくので、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

今回のブログは以上です。本日もありがとうございました☆