験担ぎ(げんかつぎ)「モンブラン」

 

こんばんは、しがです。

高い目標を達成することは、高い山を登るようなイメージがあります。

山の頂上から見る景色は格別です。

その光景は、体力をきらして通ってきた険しい道のりを帳消しにしてくれるくらいに、苦労を忘れさせてくれます。

いろんな山に登れば登るほど、苦労してもいいから、もっと高い山に登り、そこだけにしかない景色を見たいという思いが芽生えてきます。

image

甘いものは苦手なので、普段、チョコレートやケーキなどの洋菓子をほとんど食べません。

でも、

近所のパティスリーにある、大きな栗が2つ(内部に1つ隠れています)、甘すぎないマロンペースト、サクサクのタルト生地のバランスが絶妙で、唯一食べられる甘いものが、この「モンブラン」です。

毎日食べても、飽きないくらいに気に入ってます。

一度に2つくらいペロっと食べちゃいます。

ただ、無条件でいつでも食べられるわけではありません。

最初は、目標を達成したときだけ、成果の報酬として食べていました。

達成の対象となるものは、目標を達成するために費やした時間ではなく、評価される絶対的な数値に対してです。

数値をクリアするためには、いつまでになにをどうやって達成するかの具体的な計画、そのプロセスが不可欠だと思います。

同時に、モチベーションを下げることなく、達成するために効率的な活動を維持しなければなりません。

そこで、達成後の成果の報酬は、達成にさらなる喜びを与え、次の達成のための活動を継続させます。

「モンブラン」を成果の報酬とした場合、「モンブラン」を食べるためだけに目標を達成するほど、単純ではないし、そもそも「モンブラン」にそこまでの威力はありませんので、次につなぐという意味においては、報酬として弱すぎました。

しかし、「モンブラン」自体はどうでもよくて、目標を達成したら「モンブラン」を食べるという単純な関係式が重要でした。

「目標達成」→「モンブランを食べる」を繰り返すことで、いつしか逆転が起こり、「モンブラン」を食べれば次の高い目標もきっと達成できると思えるような流れになっていました。

まるで、「モンブラン」を食べることが次なる達成を実現させるための「験担ぎ」のように働いていました。

「験担ぎ」という形で、「モンブラン」と「達成」がうまい具合に重なりました。

努力せずにただ運にまかせる方法は好きではありませんが、

努力したことが元手となって、次なる努力につながるような運の使い方は好きです。

「モンブラン」のジンクスが起きないように、今後もやるべきことを継続していきたいです。