テレビについて

こんばんは、関沢です。

今回はテレビについて書いていきます。

僕は幼少期からテレビをあまり自由に見れない環境で育ちました。家に一台しかないテレビは親の教育方針で
ご飯を食べるときは消す
番組の決定権は親にある
遅い時間は早く寝るため消す

 

そういった環境のせいで、同級生がドラマやバラエティ番組の話題で盛り上がっている中、入っていけなかった哀しい思い出があります。

 

その影響か、今テレビを見ることはほとんどありません。テレビを見たくないというより、見る習慣がないと感じます。中にはテレビをつけておくだけで安心するという方もいると思いますがそれもなく、テレビを一番見たいときに見れなかった寂しさ、満たされなかった気持ちから、今は求める気持ちもなくなっているのかもしれません。

 

もちろん全く見ないわけではなく、少し時間の空いたとき、休日、気分転換をしたいとき、パッと見たりします。

 

個人的なテレビを見過ぎない一番のメリットは、他のことに時間を使える点だと感じます。例えば読書をする、音楽を聴く、映画を観るなど趣味や好きなことに没頭する時間としても活用できます。

 

ではデメリットは、やはり人と話す際に話題についていけないことだと感じます。これは子供の頃から変わらない部分ではありますが、人とのコミュニケーション、雑談についていけないと感じることは残念だと今も感じます。

 

そのバランスの上で、まれに見るテレビから魅力的な情報を得られることもあるので、今後これはおもしろいと感じた際はご紹介したいと思います☆

 

 

本日は以上です。ありがとうございました。

「テレビについて」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。