電通事件

こんばんは、関沢です。

今回は昨年起きた電通事件について書いてみたいと思います。

 

広くメディアに取り上げられているため、ご存知の方も多いかもしれませんが一部引用します。

2015年12月25日、電通の新入社員の当時24歳の女性が社員寮から飛び降りて自殺した。この社員は2015年4月の入社、本採用後の10月以降に仕事量が急増。遺族側弁護士の推計によると、1ヶ月の時間外労働は約130時間に達し、過労死ラインといわれる80時間を大幅に越えていた。
電通は労使協定で決められた残業時間を越えないよう、勤務時間を過少申告するよう指示していたとみられる。社員個人のツイッターには、過労だけでなくパワハラやセクハラの被害を伺わせる書き込みがされていた。
2016年9月30日、三田労働基準監督署は、この社員が自殺したのは長時間労働によりうつ病を発症したのが原因と判断し、労働災害を認定した。

 

僕はこういったメディアからの情報しか得られないため、全てを正確に把握できているわけではありません。ただ実際に過労死(過労自殺)という痛ましい事件が起きたことについて、個人的な考えを書いていきます。

 

現時点で発覚している問題点は、勤務時間を過少申告するよう会社が指示、1ヶ月の時間外労働が約130時間に達していたこと、その長時間労働によりうつ病を発症したこと、過労だけでなくパワハラやセクハラの被害等もあるようです。

 

まず、うつ病等の精神疾患を発病し結果自殺にまで追い込まれてしまう理由に焦点を当てると、決して上記の問題点だけが原因ではないと感じました。例えば残業が多い職場においても、精神疾患の発病の有無に関わらず仕事を続ける方も考えられます。

 

その理由を考えた際、職場に自分を理解してくれる人、心を開ける人、信頼できる相談者がいるかどうかという点が重要だと感じました。人はいつどんなきっかけでうつ病等の精神疾患を発病するかは分かりません。ただ今回の事件に関して、自身が心を開いて相談できる理解者がいれば何かが変わったのではないかと思えてなりません。

 

電通以外の会社でも残業をしないと追いつかない仕事量、繁忙期、やむをえない事情で休む暇もない時期もあるはずですが、当然そういった日本的な働き方に対して正しいとは感じません。ただその中でも苦しいことや嫌なこと、我慢できないことを乗り越えられる方法があるとしたら、困ったときに正面から向き合い、どんな相談にも乗ってくれる上司、カウンセラー、産業医など社内で関わる人間の必要性を特に感じました。そのためには、そういった相談をよしとする社内環境、体制も求められます。

 

問題は一つではなく様々な要素が関係しているため、一朝一夕に解決できることではないかもしれません。ただ、社会で働く人が少しでも働きやすく、生きやすい環境になることを心から願いします。

 

本日は以上です。ありがとうございました。