【あるご相談】愚痴を言いたけど周囲の人には言いにくい

こんばんは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については、了承を頂いています☆

悩み電話相談の内容

企業で働く30代の既婚男性。家庭、仕事、プライベート、ささいなことから深刻な悩みまで、本当は愚痴を言いたいけれど責任、立場、周囲の期待から、なかなか本音を言いづらいというお話でした。

愚痴を言いたけど周囲の人には言いにくいとき

現代社会は様々な情報やものが溢れる反面、立場や環境、周囲との関わり方によって、自分の正直な気持ちが言いづらい時代になっていると個人的には思います。

その中で自分の気持ちを吐き出さず、うちに溜め続けると、気づいたときには身動きが取れないほど、辛い気持ちになってしまうこともあります。

 

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。立場や環境も無視して、とにかく愚痴を言いたいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています。

本日は以上です。ありがとうございました。

真っ青な空と海

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■