イナダとサバのお刺身

こんばんは、関沢です。

今回はイナダとサバのお刺身について、書いていきます。

 

一番のストレス発散

ここ最近の僕の一番のストレス発散は、料理を作ることです。特に自分で魚を捌いて、作って、食べている間が、最も発散できる瞬間です笑

 

今回の魚

イナダとサバに挑戦しました。それぞれ簡単なご紹介をします。

イナダ:成長過程のブリの呼び方で、20〜30cmのもの

イナダ

サバ:50センチ前後になる。背部分に特有の緑青色の斑文があり、目が大きい

サバ

 

調理過程

共に三枚におろし、イナダはそのままお刺身で、サバは塩とお酢でシメて作ります。

 

完成

魚の捌き方やお皿の盛り付け方には、正直自信がありませんが、魚を買ってきて、捌いて、食べるという一連の流れから、大きな達成感が得られます笑。また今回のお刺身は、とても美味しく食べました☆

イナダとサバのお刺身

最後に

最近僕は自分で捌いた魚を食べるとき、とても満たされた気持ちになります。どんなことでも良いので、そんなささやかな幸せが実感できることを、これからも探していきたいと思います☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■