【あるご相談】仕事の契約を切られることになってしまった愚痴

こんにちは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については、了承を頂いています☆

 

悩み電話相談の内容

40代の主婦の方、事務職をしています。半年ごとの契約更新で、仕事を覚えるのは大変だけど、上司が丁寧に細かく指導してくれるので、とてもやりがいを感じていたとのことです。

ただ、数日前に突然部長から契約更新はないと言われ、その事実もショックでしたがそれ以上に、部長が上司に「◯さんは来月で辞めるから、教えなくていい」と伝えているのが聞こえたことがショックとのことでした。上司に申し訳ない気持ちと、最後まで仕事をやり切りたい気持ちの葛藤が辛い、というお話でした。

 

自分のことよりお世話になった上司に悪いと思ってしまう愚痴

この方は、常に自分より相手のことを考えるからこそ、葛藤を抱え、周囲には言えないけれど愚痴を言いたくなることがあるようです。

通常なら会社に対しての不平、不満が出てもおかしくはありませんが、それは一切出ないことから、この方がとても思いやりのある、優しい性格の持ち主ということが伝わってきました。また、だからこそどんな愚痴でも吐き出してストレス解消ができる、こういった窓口が必要なのかもしれません。

 

最後に

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。職場の愚痴、就職、転職の悩みも含め、話し相手がほしいとき、愚痴を吐き出したいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています☆

本日は以上です。ありがとうございました。
■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■