【あるご相談】ロールキャベツ系男子の愚痴を言いたい

こんばんは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については、了承を頂いています☆

 

悩み電話相談の内容

20代前半の女性、友人の紹介で知り合ったとても気になる男性がいるけど、どうやらロールキャベツ系男子かもしれない、とのことでした。

ロールキャベツ系男子とは
見た目は大人しい草食系だけど、中身は積極的な肉食系という、見た目と中身にギャップのある男子のこと。

 

攻略法について

どうしたらもっと彼と距離を近づけられるのか、今までのエピソード、愚痴を話しながらいろいろ考えた結果、一番は自分からガツガツいかず焦らないようにすること。でもコミュニケーションはできるだけ密に取り、さりげなく褒めてみることを、ご自身で気づき、納得されました。

 

雑談

今は◯系男子という表現が数え切れないくらい増えているというお話になりました。せっかくなので、その内容の一部をご紹介します。

肉食系男子や草食系男子は当たり前、草食系を装っているつもりが、肉食系の下心が丸出しになっているピーマン肉詰め系男子、
クリームのような優しさと具だくさんで栄養たっぷりな男らしさを兼ね備えたクリームシチュー系男子、一見肉食系に見えるのに、実は淡白な草食系のアスパラベーコン巻き系男子、餃子の具のように肉食と草食が入り混じっているようだが、表面上は謎に包まれていて何を考えているかわからない餃子系男子など。

もはや食べ物に例えればなんでもいいのかなとも思いますが笑、まだまだあります。

言葉と思いは裏腹なあまのじゃく男子、餌(長所)はあるのに、積極的に行動するわけではなく、ただ釣り糸を垂らしてじっと待つ魚食系男子、押しが強くヤンチャな性格で、女子との交際もハデなオラオラ系肉食男子、アニメ・漫画・ゲーム・音楽などインドアの趣味を持ち、自分独自の世界に生きているインドア系草食男子、人気者で知力、体力、容姿、性格の良さをバランスよく兼ね備えたさわやか系給食男子、知力、体力、容姿はそれほどでもないが、明るく人懐っこい性格ですべてをカバーしているお笑い系雑食男子など。

さらに個人的によく分からない系として、「武士は食わねど高楊枝」を実践し、仕事や趣味に打ち込み、男としかツルまず、女子には一切興味がなさそうな武士道系断食男子。

 

最後に

かなり脱線しましたが、、恋愛で相手の一歩先にいくには、自分を知ることはもちろんですが相手のタイプを分析し、相手を知ることで突破口を広げられる、かもしれません☆ただ、中にはあてにならない分析もあるとは思います笑

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。恋愛、男性心理、気持ちの整理も含め、話し相手がほしいとき、愚痴を吐き出したいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています☆

本日は以上です。ありがとうございました。
■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■