【あるご相談】恋愛、片思いの相手について

こんばんは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については、了承を頂いています☆

 

悩み電話相談の内容

20代の女性、片思いの男性について今後どう接していいのか迷っている、という相談でした。

友人の紹介で知り合って3ヶ月、最初は友人を交えて遊んでいたけれど、3回ほど二人で遊びに行き、連絡もほぼ毎日してくれるけど、ここ1ヶ月彼から遊びに誘ってくることもなく、はっきりしない関係が続いているそうです。

彼が「仕事が忙しい」「でも◯ちゃんとはもっと遊びたい」と言ってくれることは信じたいけど、もしかして彼女が別にいるんじゃないか、自分とは遊びの関係しか望んでいないのかもしれないなど、信用できない気持ちや不安がある。一緒にいると楽しくて、もっと一緒に遊びたいという印象の彼なだけに、悩んでいるというご相談でした。

 

発言より行動に目を向けること

お話している中で、彼の「発言や印象」より「行動に目を向けていく」というお考えに至りました。

自分が望む関係と彼が望む関係、自分の本音と彼の本音、いろいろ考えても、すぐにそこを確かめることは、簡単ではないかもしれません。

その上で、彼が忙しい中でも時間を作ってくれるか、付き合う気持ちを伝えてくれるか、もしくは自分の気持ちに応えてくれるか、彼の言葉や印象、気持ちを考えるより、彼がどう行動するか、そこを見ていきたいとのことでした。

最後に

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。恋愛、人間関係、様々な悩みや気持ちの整理も含め、話し相手がほしいとき、愚痴を吐き出したいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

【あるご相談】家族との関係について

こんばんは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については、了承を頂いています☆

悩み電話相談の内容

20代後半の男性で、家族との関係でとても辛い気持ちになり困っている、という相談でした。

両親、自分、弟の4人家族で、現在同居しているとのことです。いつからか家族との距離感、関わり方が分からなくなってしまったとのことでした。喧嘩するわけではなく、最低限コミュニケーションも取るのですが、友人や恋人と遊んでいるとき、職場で仕事をしているとき、一人でいるときには感じない、漠然とした居心地の悪さを感じてしまうそうです。その理由が分からず、もやもやしてしまうというご相談でした。

 

ご自身で気づいたこと

お話している中で、ご本人の中での家族と打ち解けて話せない自分への罪悪感、こうあるべきという気持ち、自分を責めていることに気づかれたようです。自分を責める必要がないこと、そんな自分も含めて受け入れること、その上で焦らず一歩ずつ進む選択肢もあることを、自分に言い聞かせる形で納得され、お電話は終わりました。

問題を抱え、解決したいという気持ちが強くなればなるほど、それができない自分を責め、自己肯定感が下がり、解決から遠のいてしまう場合もあると思います。

そんなとき、自分を客観的に捉え、受け入れることが、解決に進む一つのきっかけとなることもあるかもしれません。

最後に

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。家族、友人、恋人、職場内の人間関係、気持ちの整理も含め、話し相手がほしいとき、愚痴を吐き出したいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

冷蔵庫にあるもので作るパスタ

こんばんは、関沢です。

今回は料理のご紹介です。

「冷蔵庫にあるもので作るパスタ」

料理といっていいのかは別として、、美味しかったのでアップします!(写真がぼやけてしまってすいません)

 

冷蔵庫にあるもので作るパスタ

 

材料

今回はイカの塩辛、玉ねぎ、じゃがいもという本当に冷蔵庫に残っていたもので挑戦しました。

 

作り方

じゃがいもは適当な大きさに切り、ラップをして電子レンジで温めます。そして塩辛、玉ねぎ、温めたじゃがいもをフライパンで炒め、茹でたパスタに載せて完成です。

 

味付けは塩辛のしょっぱさだけだったのですが、これが意外と他の食材ともマッチして美味しく食べられました☆

 

最後に

いろいろな調味料を足したり、漬け込んだり、特別な材料を用意して作る料理も好きなのですが、食材を使い切る料理、余りものだけどそこそこ美味しく食べれる料理もとても活用しています。実際は、どちらかというと後者が日々のメイン料理でもあります笑

本日は以上です。ありがとうございました。

 

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

街の景色

こんばんは、関沢です。

今回は街の景色について書いていきます。

好きな景色

僕は海や山や自然の景色が大好きですが、たまに都会で街を眺めたくなるときがあります。そう考えると、街の景色も好きなんだと思います。

例えば

 

無機質で、なんの表情も伝わってこないビル

無機質なビル

 

幾何学模様(きかがくもよう)のビル

幾何学模様のビル

 

朝日が昇る光を背後に、真っ黒な影を作り出すビル

朝日とビル

 

気づいたこと

写真を見ていて気づいたのですが、ビルに反射して映る真っ青な空、綿あめみたいな雲、遠くに小さく光る月、薄オレンジ色の空など、無機質な中での自然の見せる表情に、僕はとても魅力を感じます。

定期的に街を眺めたくなる理由は、その都会ならではのギャップを通して、自然を感じたいからなのかもしれません。

最後に

もし日常に何か変化を加えたいと感じたときは、普段の視点を少し変えて街を眺めてみることで、おもしろい発見があるかもしれません☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

夜の散歩

こんばんは、関沢です。

今回は夜の散歩について書いていきます。

夜の散歩

きっかけ

ある休日の夜、寝つきが悪く気持ちも落ち着かなかったため、散歩に出ることにしました。

約10ヶ月前、僕は神奈川県鎌倉市に引越しました。ただ、自宅近辺はまだまだ行ったことがない場所ばかりでもあるため、せっかくなのでこの機会に開拓してみることにしました。

散歩スタート

夜の住宅街

時刻は23時過ぎ、住宅街の明かりはついているものの、物音はひたひたという僕の靴音しか聞こえません。

梅雨独特の湿り気のある空気と匂い、途中どこからかとても上品な線香の香りも漂う中、どんどん進みます。

少しひんやりする気温が、徐々に汗ばんできた体を心地よく冷やしてくれました。

黒い影

ふらふらとあてもなく、右へ左へ気の向くままに歩いていると、突然目の前を黒い影が横切りました!

なんだ今のは!?

その影は街灯が照らす階段をすごいスピードで駆け上がって行ったため、ひとまず追いかけました。

タヌキ

正体は、おそらくですがタヌキのようです。完全に警戒されてしまったためこれ以上近づけませんでしたが、今回遭遇した唯一の生き物です笑

帰路につく

さらに散歩を続け、最終的には見晴らしのいい高台から街を見下ろし、満足したので、引き返すことにしました。

丘の上から

行きは意識しなかったのですが、自宅に近づくにつれ、遠くから電車のかたかた走る音が聞こえてきて、なぜかその音を聞いてほっと安心しました。

最後に

今回はタヌキを除き、一切人とすれ違わないトータル40分ほどの散歩でした。

あまり人気のない場所はおすすめしませんが、普段と全く表情を変える夜の散歩も、寝つきの悪い夜には良いかもしれません☆

本日は以上です。ありがとうございました。
■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

おすすめ動画のご紹介

こんばんは、関沢です。

今回はある動画をご紹介します。

内容

日本理化学工業という会社についての動画です。チョークをはじめとする文房具、事務用品の製造販売を行う企業で、障がい者雇用を始めて59年、全体の70%以上が知的障がいのある社員です。

その会社が掲げている言葉を引用します。

人間の究極の幸せは、
1 人に愛されること、
2 人にほめられること、
3 人の役にたつこと、
4 人から必要とされること。
働くことによって愛以外の3つの幸せは得られます。
私は働くということはその愛までも得られると思う

 

印象に残ったこと

その取り組み、言葉として掲げていることは決して簡単にできることではありませんが、何より印象に残ったのは、一人ひとりの理解力に合わせた様々な工夫を行っていることでした。

いろいろ調べてみると、時計が読めなくても時間をはかれるようにするための砂時計、風邪をひいても頑張って出社してきてしまう社員のための体温計、社員の体調確認をするためのラジオ体操、ガムテープをまっすぐ貼るため、段ボールにテープを貼るガイドラインを印刷するなど、他にも数え切れないほどの工夫を行っています。

おそらく実際はその何倍もの案を出し、工夫を重ね、うまくいかない場合はまた新しく考えることを常に行っているのではないかと思います。

そこまでできる理由

そこまでできる理由は、会社が働く人を大切に思い、働く人がその気持ちに応え、その関係を継続してきた結果だと僕は感じました。

その点は、障害を抱える方を雇う会社に限らず、どんな会社でも当てはめることができるとも思います。

最後に

「働く幸せ」は人それぞれのため正解はないのかもしれませんが、「働く幸せ」について考え続けることが、一つの答えではないかと思いました。

またこの動画によって、人にほめられること、役にたつこと、必要とされることは「働く幸せ」の大切な要素であることに、あらためて気づくことができました。

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

ウドを使った料理

こんばんは、関沢です。

今回は久しぶりに料理のご紹介です。

料理の主役

前から挑戦したいと思っていたウドをスーパーで見つけ、今回の主役にすることに決めました。

今回のメニュー

全部で5品。それぞれ簡単に紹介していきます☆

①ウドの酢味噌和え
適当な長さに切った後、包丁で厚めに皮をむき、茎と皮を分けます。茎の切り口は茶色く変色しやすいので、切り分けた直後に酢水にさらします。10分ほどつけた後、沸騰したお湯に入れてさっとゆがいて冷まし、酢味噌で和えて完成です

②ウドのきんぴら
①で切った皮を細かく切り、塩、醤油、みりん、酒などで炒めて完成です

③きゅうりの梅干和え
適当な大きさに切ったきゅうりを塩もみし、しばらく放置し梅干で和えて完成です

ウドの酢味噌和え、きんぴら、きゅうりの梅干和え

④ウドの鶏胸肉炒め
①②で使わなかった残りのウドと鶏胸肉を炒めて、塩で味をつけ完成です

ウドの鶏胸肉炒め

⑤枝豆とミョウガご飯
枝豆は茹でて皮をむき、ミョウガは千切りにします。ご飯が炊きあがった後、枝豆、ミョウガ、塩、ごま油を入れ、しばらく蒸らしたら完成です

枝豆とミョウガご飯

最後に

久しぶりに手間をかけて料理をすることで、他では得られない達成感を得ることができました。また今回一番美味しかったのは、ウドのキンピラです!

特に普段あまり料理をしない方に、気分転換の意味で少し手間のかける料理を作ってみることはおすすめです☆

本日は以上です。ありがとうございました。
■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

【あるご相談】就活中だけど自分のやりたいことが分からない

こんばんは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については、了承を頂いています☆

 

悩み電話相談の内容

現在大学4年生の女性、就活をしているけど自分のやりたいことが分からない、という相談でした。

周りはどんどん内定をもらっていく中で、なんとなく志望した経理事務の会社も4社ほどあったけれど、全て不採用。面接の際にどうしても志望動機が曖昧になっている気がするし、そもそもそんなにやりたいことではない気もする。このまま決まらなかったらという焦りや不安もあるし、どうしていいかも分からない状況とのことでした。

 

解決策

お話ししていく中で、再度自己分析を行い、理解を深め、自分のやりたいことを明確にできれば、自信も持てるし熱意も伝えられると思う、とご自身で気づかれました。

確かにもともとコミュニケーション能力もとても高く、現状の課題把握もでき、学生時代様々な経験も積んでいる方だったので、あとはもう少し自分を分析し、知ることができれば、突破口は見えるのではないかと感じました☆

自己分析には様々な種類がありますが、参考までに自己分析サービス「エムハス」もお伝えすると、カウンセラーとぜひ話をしてみたいとのことで、活用してみるとのことでした。

また、就活について個人的には、社会人経験のない中で、ある意味無理やり社会や自分と向き合うことを要求される時期でもあると思います。一人で向き合うことが難しい場合は、大学のキャリアセンターやその他支援機関など周囲の様々な力を借りて、立ち向かっていくことも一つとお伝えしました☆

 

最後に

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。就活、転職、自己分析、気持ちの整理も含め、話し相手がほしいとき、愚痴を吐き出したいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています☆

本日は以上です。ありがとうございました。
■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■