ゴーヤご飯

こんばんは、関沢です。

今回はゴーヤご飯のご紹介です。

ご紹介するほどでもないのですが、先日夏の風物詩としてゴーヤを食べて元気が出たので、写真だけですがおすそ分けします笑

 

「ゴーヤご飯」

ゴーヤを縦半分に切り、中のわたをスプーンで取り除きます。その後食べやすい大きさに切り、塩もみして10分ほど放置したら、軽く洗います。

じゃがいもと豚肉が余っていたので、卵と一緒に炒めて完成です。

 

ゴーヤの苦味

個人的にはちょっと苦味が強いくらいが、とても好きです☆ご飯がすすむ一品でした。

 

最後に

毎日異常な暑さが続きますが、食べ物でしっかり栄養を取って、乗り切ることを最近は心がけています。

みなさんも引き続き夏バテには気をつけてお過ごしください☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

【あるご相談】疲れについて

こんにちは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については、了承を頂いています☆

 

悩み電話相談の内容

20代の男性、疲れ、不安、やる気が出ない状態で、自分はうつ病なのか、今後どうしたらいいのか悩んでいる、という相談でした。

仕事は残業続き、職場の人間関係で気を使うことも多く、休日も寝て過ごしてばかり。なにかしようと思っても、気づいたら1日が終わってしまう状態が3ヶ月近く続いているそうです。

そのお客様の悩みは、やる気が出ないこと、判断力が低下し物事の決断がとても大変なこと、不安な気持ちが常にあること、毎日眠った気がしないことなどでした。でもいざ病院に行って診断を受けること、薬を飲むようになることも怖いし、どうしたらいいか分からないというご相談でした。

 

これ以上辛い状態が続いたら、病院に相談すること

お話している中で、これ以上辛くなったらもう自分では解決できない気もするので、そのときは病院に相談してみるというお考えに至りました。

今まで一人でじっと耐えて頑張ってきたこと、自分にできる限りのことは精一杯やってきたことに、ご自身で気づかれました。

でも頑張り続けることには限界があることから、病院に行くことは抵抗もあるけれど、これ以上無理をして仕事ができなくなることは絶対避けたいので、そのためにいざというときは病院に行ってみるとのことでした。

個人的には、何より大切なのは自分自身の体、健康だと感じています。もちろん人によって様々な考え方もあるので、お考えを整理し、最終的にご自身が納得できる答えを出すお手伝いができればと考えています。

 

最後に

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。仕事、恋愛、人間関係、様々な悩みや気持ちの整理も含め、話し相手がほしいとき、愚痴を吐き出したいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

詩について

こんばんは、関沢です。

今回はとても素敵な詩について、書いていきます。

詩について

詩の前に

みなさん最後に焚き火をしたのはいつでしょう?僕は年に何回か、無性に焚き火がしたくなります。以前焚き火について書いてみた記事はこちらにあるので、よかったらご覧ください☆

 

焚き火の詩

僕はこの詩から、焚き火を通して子供を見守る親の視点、自立、人生の道しるべを示しているような印象を持ちました。そんな詩のご紹介をさせて頂きます。

山尾三省「火を焚きなさい」

 

山に夕闇がせまる
子供達よ
ほら もう夜が背中まできている
火を焚きなさい
お前達の心残りの遊びをやめて
大昔の心にかえり
火を焚きなさい
風呂場には 充分な薪が用意してある
よく乾いたもの 少しは湿り気のあるもの
太いもの 細いもの
よく選んで 上手に火を焚きなさい

少しくらい煙たくたって仕方ない
がまんして しっかり火を燃やしなさい
やがて調子が出てくると
ほら お前達の今の心のようなオレンジ色の炎が
いっしんに燃え立つだろう
そうしたら じっとその火を見詰めなさい
いつのまにか
背後から 夜がお前をすっぽりつつんでいる
夜がすっぽりとお前をつつんだ時こそ
不思議の時
火が 永遠の物語を始める時なのだ

それは
眠る前に母さんが読んでくれた本の中の物語じゃなく
父さんの自慢話のようじゃなく
テレビで見れるものでもない
お前達自身が お前達自身の裸の眼と耳と心で聴く
お前達自身の 不思議の物語なのだよ
注意深く ていねいに
火を焚きなさい
火がいっしんに燃え立つように
けれどもあまりぼうぼう燃えないように
静かな気持で 火を焚きなさい

人間は
火を焚く動物だった
だから 火を焚くことができれば それでもう人間なんだ
火を焚きなさい
人間の原初の火を焚きなさい
やがてお前達が大きくなって 虚栄の市へと出かけて行き
必要なものと 必要でないものの見分けがつかなくなり
自分の価値を見失ってしまった時
きっとお前達は 思い出すだろう
すっぽりと夜につつまれて
オレンジ色の神秘の炎を見詰めた日々のことを

山に夕闇がせまる
子供達よ
もう夜が背中まできている
この日はもう充分に遊んだ
遊びをやめて お前達の火にとりかかりなさい
小屋には薪が充分に用意してある
火を焚きなさい
よく乾いたもの 少し湿り気のあるもの
太いもの 細いもの
よく選んで 上手に組み立て
火を焚きなさい
火がいっしんに燃え立つようになったら
そのオレンジ色の炎の奥の
金色の神殿から聴こえてくる
お前達自身の 昔と今と未来の不思議の物語に 耳を傾けなさい

「びろう葉帽子の下で/山尾三省詩集」より

 

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

暑さ対策

こんばんは、関沢です。

毎日猛暑が続きますね。。今回はそんな暑さの中でも自宅でできる暑さ対策について、書いていきます。

暑さ対策について

背景

僕自身自宅で過ごす時間が長く、ついエアコンに頼りがちな毎日です。なので、エアコンを使わずかつ自分が実行できそうなものを基準にまとめてみました。

この中で一つでも実行できそうなものがあれば、ぜひ役立てて頂ければ嬉しいです☆

 

カーテンを閉める

窓やベランダから入ってくる日光は部屋の温度をぐんぐん上昇させるため、昼間でも夜間同様にカーテンも閉めておくことが有効です。

部屋が暗くなって嫌だという方は、レースのカーテンだけでも閉めておくだけでもかまいません。ただし、風が通らないと蒸し暑いので、風が通るくらいの隙間を5cmくらい開けておくことがおすすめです。

 

すだれをつける

窓の外にすだれをつけることで、部屋の中に入ってくる外の空気や窓の表面の温度を下げる事ができます。

 

扇風機を使う

体に直接当てる方法は、一部分だけを冷やすためあまり良くないはありません。壁に向け部屋全体の空気の循環を促す方法や、網戸に向け涼しい外の空気と、部屋の中の温まった空気を入れ替える方法が効果的です。

シャワーを浴びる

水シャワーを浴びるという方も多いかも知れませんが、実はこれはあまり良くないそうです。冷水によって汗腺が閉じ、身体に熱がこもりやすくなるからです。

シャワーの温度はぬるめが最適で、暑くなり過ぎずかつ体温を下げようという働きが起こります。

 

凍らせたペットボトルを活用する

冷凍庫に凍らせたペットボトルを常備しておくと、様々な用途で使えます。

例えば、足湯の要領でペットボトルと水を洗面器に満たして足を入れる、タオルで包んで脇の下に挟む、ペットボトルに扇風機の風を当てたり、窓を開けてそこに置くと冷たい空気になるため、涼しく感じられます。

お風呂あがりに足を冷水につける

お風呂あがりは汗をかきやすい時間帯のため、足だけ冷水につけることで、体の熱を下げてくれる効果があるようです。

 

保冷剤で首を冷やす

首には太い血管が通っており、ここから血が全身に巡ります。首を冷やすことで、冷えた血液が体の中に循環するため涼しく感じられます。

 

食べ物で熱を下げる

特に夏野菜は体の熱を奪う効果があると言われており効果的です。夏野菜の代表はキュウリ、トマト、ナス、ゴーヤ、レタスなど。果物でいえばスイカ、キウイ、レモン、梨、リンゴ、柿、バナナなどで、豆腐やこんにゃくも効果的です。栄養を取りながら暑さ対策ができるため、おすすめです。

 

 

最後に

以上まとめてみましたが、いかがでしょうか?まずは、自分自身の暑さ対策として、今日からすぐにできることから実行してみたいと思います☆

またくれぐれもまめに水分補給をすることは忘れないよう、お過ごしください。

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ

代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

おすすめの曲

こんばんは、関沢です。

今回はおすすめの曲について、書いていきます。

Mr.Children「タガタメ」

今から約14年前に発表された曲で、当時Mr.Childrenがとても好きだった友人に教えてもらいました。

 

背景

先日その友人と会ったとき、「来年子供が生まれるんだ」という話をしてくれました。祝福、驚き、嬉しさと同時に思い出したのが、友人が教えてくれたこの曲でした。

 

印象

様々な解釈のある曲ですが、個人的には子を想う親の気持ちに尽きると感じています。

「子供らが被害者に、加害者になったとき、かろうじてできることは、手を取って、抱き合って、愛すること以外にない

仮に僕が親になったとして、果たしてこの歌詞のような考え方ができるかどうかは分かりませんが、ただ、それでも僕にとって深く心に響く歌でした。

最後に

すっかり忘れていた昔とても好きだった歌を、ちょっとしたきっかけで思い出すことが最近あります。これからも思い出した際には、いろいろご紹介していきたいと思います☆

本日は以上です。ありがとうございました。

 

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

コンプレックスについて考える②

こんばんは、関沢です。

今回はコンプレックスについて、書いていきます。

 

以前もコンプレックスについて書きましたが、今回再度書いていきたいと思います。

 

自分のコンプレックス

自分の中での一番のコンプレックスは、容姿についてのコンプレックスで、特におでこが広いことが最も大きなコンプレックスでした。

 

今回の挑戦

今回の挑戦は、そんなコンプレックスと向き合うため、髪を短くしおでこを出すことです。髪を短くすることは今まで何度もしてきましたが、おでこを出すことは、そこにコンプレックスを抱える僕にとっては、とても勇気のいることです。それでも、いちいち髪型を気にする余計な気疲れも面倒という気持ちも強くなり、思い切って挑戦しました!

 

いざ美容院へ

ちょっとした合間でも行ける自宅近所の美容院を見つけ、特に指名もせず行ってみました。

ついたのは20代後半の男性で、終始笑顔で話しかけてくれました。ただ、最後におでこを出す髪型にしたのは高校生の頃かなと感傷的になりつつ、「切りすぎたらどうしよう」「ちゃんと要望通りに切ってくれるか」「後々後悔するんじゃないか」など、次から次へと不安な気持ちが生まれ落ち着きませんでした。

そうこうしているうちに切り始めると、あとはもう任せるしかないと、諦めと全て委ねる気持ちに変わりました。

 

結果

いざ切り終わり鏡を見た際、個人的には納得できる髪型になりました!一番は自分自身がコンプレックスと感じている容姿の克服なので、おでこを隠さず、出すことで、何よりすっきりした気持ちになれました☆

最後に

多かれ少なかれ、誰でもコンプレックスを抱えて生きているのではないでしょうか。その辛さは本人しか分からず、またその向き合い方も人それぞれだと思います。

そういったお話もノーベルライフでは、心から寄り添って聴かせて頂きます。自身の辛い気持ちを誰かに聴いてもらいたいときは、お気軽にお電話ください☆

 

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

休日の過ごし方

こんばんは、関沢です。

少しご無沙汰してしまいましたが、ブログを再開します!

 

休日の過ごし方

今回はある休日に行った「日比谷花壇大船フラワーセンター」について書いていきます☆

 

背景

「日比谷花壇大船フラワーセンター」は以前もご紹介しましたが、前回はまだそこまで植物が育っていなかったようで、少しだけ残念な印象はありました。ただ、前回から3ヶ月近く経過したので再度挑戦です。

 

感想

正直な感想として、今回はとても楽しめました!様々な熱帯植物、カラフルな花が所狭しと存在し、足を止めてじっと観察したくなる植物も多かったです☆

 

その中で一番そそられたのは、バナナの葉っぱ。とにかく大きくて、明るくて、熱帯雨林に足を踏み入れたような日本離れした存在感がたまりません☆

 

最後に

最近の休日は家でゆっくり過ごすことが多かったのですが、たまには早朝から運動も兼ねて歩いて出かけることも楽しいなと再認識しました(歩いた時間は片道15分くらいですが笑)

もし出かける際は、緑が多い場所、非日常的な場所、時間を気にせずのんびりできる場所、そんなところに行ってみることをおすすめします☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■