暑さ対策

こんばんは、関沢です。

毎日猛暑が続きますね。。今回はそんな暑さの中でも自宅でできる暑さ対策について、書いていきます。

暑さ対策について

背景

僕自身自宅で過ごす時間が長く、ついエアコンに頼りがちな毎日です。なので、エアコンを使わずかつ自分が実行できそうなものを基準にまとめてみました。

この中で一つでも実行できそうなものがあれば、ぜひ役立てて頂ければ嬉しいです☆

 

カーテンを閉める

窓やベランダから入ってくる日光は部屋の温度をぐんぐん上昇させるため、昼間でも夜間同様にカーテンも閉めておくことが有効です。

部屋が暗くなって嫌だという方は、レースのカーテンだけでも閉めておくだけでもかまいません。ただし、風が通らないと蒸し暑いので、風が通るくらいの隙間を5cmくらい開けておくことがおすすめです。

 

すだれをつける

窓の外にすだれをつけることで、部屋の中に入ってくる外の空気や窓の表面の温度を下げる事ができます。

 

扇風機を使う

体に直接当てる方法は、一部分だけを冷やすためあまり良くないはありません。壁に向け部屋全体の空気の循環を促す方法や、網戸に向け涼しい外の空気と、部屋の中の温まった空気を入れ替える方法が効果的です。

シャワーを浴びる

水シャワーを浴びるという方も多いかも知れませんが、実はこれはあまり良くないそうです。冷水によって汗腺が閉じ、身体に熱がこもりやすくなるからです。

シャワーの温度はぬるめが最適で、暑くなり過ぎずかつ体温を下げようという働きが起こります。

 

凍らせたペットボトルを活用する

冷凍庫に凍らせたペットボトルを常備しておくと、様々な用途で使えます。

例えば、足湯の要領でペットボトルと水を洗面器に満たして足を入れる、タオルで包んで脇の下に挟む、ペットボトルに扇風機の風を当てたり、窓を開けてそこに置くと冷たい空気になるため、涼しく感じられます。

お風呂あがりに足を冷水につける

お風呂あがりは汗をかきやすい時間帯のため、足だけ冷水につけることで、体の熱を下げてくれる効果があるようです。

 

保冷剤で首を冷やす

首には太い血管が通っており、ここから血が全身に巡ります。首を冷やすことで、冷えた血液が体の中に循環するため涼しく感じられます。

 

食べ物で熱を下げる

特に夏野菜は体の熱を奪う効果があると言われており効果的です。夏野菜の代表はキュウリ、トマト、ナス、ゴーヤ、レタスなど。果物でいえばスイカ、キウイ、レモン、梨、リンゴ、柿、バナナなどで、豆腐やこんにゃくも効果的です。栄養を取りながら暑さ対策ができるため、おすすめです。

 

 

最後に

以上まとめてみましたが、いかがでしょうか?まずは、自分自身の暑さ対策として、今日からすぐにできることから実行してみたいと思います☆

またくれぐれもまめに水分補給をすることは忘れないよう、お過ごしください。

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ

代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■