夏の音

こんばんは、関沢です。

あっという間に8月も終わり、明日から9月ですね。今回はまだまだ続く夏を楽しむための「夏の音」をご紹介します。

 

夏の終わり

個人的には夏の終わりが少しずつ近づいていることが、寂しくて仕方ありません。すでに来年の夏まで、我慢して待つ気持ちになりつつあります笑

 

夏の音

とは言っても、もうしばらく暑い日は続きそうなので、まだまだ夏を楽しむことはできます。

今回は、そんな猛暑の中、涼しい気持ちを味わえる音と映像を見つけたので、ご紹介します。

今回の動画は、川のせせらぎと、風鈴の音がとても心地よく響きます。夏が好きな方は、ぜひ楽しんでもらえたらと思います☆

本日は以上です。ありがとうございました。

 

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

【あるご相談】彼といる不安について

こんばんは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については、了承を頂いています☆

 

悩み電話相談の内容

30代女性、あるきっかけから男性を紹介してもらい、最近無事付き合うことができたけれど悩みがある、というご相談でした。

彼は優しく仕事も一生懸命、周囲の人からも好かれていて、信頼もできると思っている。けれど、「騙されているんじゃないか」「自分を好きと言ってくれるけど嘘じゃないか」という不安で悩んでいるとのことでした。

 

悩み相談をしている中で

しばらくお話した後、問題は彼というより「自分にあるのかもしれない」という言葉が、ご自身の口から出てきました。「もともと自信がないし、今まで付き合った人から褒められたことがない」「素の自分を出すのも怖い」「自分は優しくされていいのか」という気持ちがずっとあったそうです。

最終的には、自分が抱える不安な気持ち、彼と一緒に過ごせる楽しい気持ち、その両方をもう少し正直に彼に伝えることを、これからは心がけたいとのことでした。

 

まずは、不安な気持ちに気づくこと、それは自分の問題か、彼の問題か整理することによって、今回のお客様はご自身で答えを導き出すことができました☆今後も何かあったときは相談します、と明るい声でお電話は終了しました☆

 

最後に

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。仕事、恋愛、人間関係、様々な悩みや気持ちの整理も含め、話し相手がほしいとき、愚痴を吐き出したいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

不思議な音色

こんばんは、関沢です。

今回は不思議な音色について、書いていきます。

 

きっかけ

たまたまネットで見つけたある楽器。その楽器は、形からは想像できないほど素敵な音色で、ついつい聴き入ってしまいました。

今回はその楽器「ガンクドラム」をご紹介します。

 

ガンクドラムとは

もともとは、プロパンボンベで作られた打楽器。丸い円形で、現在はステンレスなどで作られているようです。

 

名前の由来

固な製作者が夫して作り上げたドラムなので、頑工(がんく)ドラム。

 

その他

とてもおもしろいと感じた点は、音階・周波数を指定できることです。人を癒すといわれる528Hzを入れて作ることで、さらに心地よい音色にもなるようです☆

 

最後に

お時間のあるときに、一度音色を聴いて頂ければと思います。その際は、できればイヤホンなどで聞いてみることをおすすめします♫

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

蚊について

こんばんは、関沢です。

今回は「蚊」について、書いていきます。

 

蚊について

以前から不思議に思っていたことですが、世の中には蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいます。

僕はその刺されやすい方で、公園にいると僕は10箇所くらい刺されているのに対し、一緒にいる友人は1、2箇所しか刺されないこともざらでした。

実際に刺されやすい人には、どんな共通点があるのでしょうか?この機会に少し調べてみようと思います。

ただ、ネット上には様々な情報があり、個人的にはどれが正しいのかなんとも言えないとも感じたため、一つのご参考程度にご覧頂ければと思います☆

 

蚊に刺されやすい人とは

子供や妊娠中の女性:蚊は汗に含まれる乳酸や二酸化炭素も敏感に察知するため、体温の高い人に集まります

O型の人:O型、B型、AB型、A型の順に多いようです(原因は不明)

肥満の人:体表面積が広く、その分蚊に刺される範囲も広いということ、汗、二酸化炭素の排出量が多いことが原因と考えられます

飲酒をしている人:飲酒をすることで、皮膚の血管が拡張し、体温の上昇が考えられます

黒い服を着ている人:蚊は夜行性のため暗い色を好み、蚊を引きつける可能性があります

 

新発見

蚊に刺されやすい人は足の常在菌が多いということを、高校生の男の子が発見したそうです。撃退方法はとても簡単で、足の裏をアルコールなどで消毒することです。

※常在菌=健康な人の皮膚に必ず存在する菌。それ自体はまったく体に害を与えるものではない。いわゆる腸内細菌のように、人によって菌の種類や数の割合が違う

 

最後に

蚊に刺されやすい人の特徴を調べた中で当てはまったことは「O型」くらいで、いまいちピンときませんでした笑

ただ、常在菌についての新発見はとても興味深く、気軽に試すこともできるので、機会があれば一度実践してみたいと思います☆

蚊に刺されやすいと悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください♫

本日は以上です。ありがとうございました。

 

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

夏の思い出

こんにちは、関沢です。

今回は夏の思い出について、書いていきます。

 

夏の思い出

「夏」というと、みなさんはどんな思い出がありますか?

僕は子供の頃から、一年中夏でいいと思うくらい夏好きで、それは今も変わりません。ただ、あらためて考えてみると、特に子供の頃の方が夏の思い出は多いようです。

 

具体的な思い出

一番印象に残っているのは、やはり小学校の夏休み。当時の僕にとっての夏休みは、普段できないことができる魔法のような期間でした☆

・暇さえあれば海に行き、朝から晩まで泳いだり、飛び込んだり、潜ったこと。一番早いときで4月頃にはもう泳いでいました。

・友達と一緒に行った深夜のクワガタ捕り。何が飛んでくるか分からない真っ暗闇の密林は、今考えるとぞっとします笑

・歩いてすぐの砂浜で、家族で行う手持ち花火。家族が揃うことも、気軽に外で花火ができることも、今思えば貴重でした。

・夏恒例の肝試し。近所の墓場がその舞台で、友達と一緒に歩き回ります。ただ、昔住んでいた家が、お寺のお墓の奥にあり毎日が肝試しだったので、その免疫は今でもあります笑

・1993年7月公開の「ジュラシック・パーク」を、父親の運転で友人数人とレイトショーの映画館に行ったこと。映画以上にその道中聞いた父親の心霊体験が、なぜか印象に残っています笑

 

最後に

僕の夏の思い出として、ぱっと浮かんだのはこんな出来事でした。特に子供の頃の思い出が多いということは、今とはまた違うワクワク感が当時はあったのかもしれません☆

引き続き今年の夏も、満喫していきたいと思います♫

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

ノンアルコールビール

こんばんは、関沢です。

今回は、最近のマイブーム「ノンアルコールビール」のご紹介です。

 

ノンアルコールビールとは

ノンアルコール飲料の一種で、ビール風味の発泡性炭酸飲料のこと。ビアテイスト飲料・ビール風味飲料・ノンアルコールビールテイスト飲料とも呼ばれる。

 

お酒について

僕はお酒がとても好きで、特に仕事を終えた後にビールを飲むことは、毎日大切にしたい時間であり、至福のときです☆

ただ、それと同時に悩みとしてあることは、お酒がとにかく弱いことです。ビール1、2杯でもう十分な量のためお酒が好きな分、すぐ飲めなくなることが残念で仕方がありませんでした。

 

そこでノンアルコールビールとの出会い

ビールを飲んでいないのにビールを飲んだときに近い味わいは、とてつもなく大きな感動でした!また、大酒呑みの気分はこういうものかという感覚も味わえました。そんなにノンアルコールビールは飲みませんが笑

 

おすすめ

個人的な一番のおすすめは、アサヒビール「ドライゼロ」。少し匂いにクセはありますが、それも含めてとても美味しく飲めます☆他にも調べると、ノンアルコール地ビールも存在するようで、しばらくはノンアルコールビールでいろいろ楽しめそうです。

お酒が好きだけど弱くてあまり飲めない方に、ノンアルコールビールはおすすめです☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

おすすめ映画のご紹介

こんばんは、関沢です。

今回は、おすすめ映画のご紹介です。

ジェームズ・L・ブルックス監督「恋愛小説家」

 

簡単なあらすじ

舞台はニューヨークのマンハッタン。恋愛小説家メルビンは毒舌家で潔癖性。そんな彼がある日、ウェイトレスのキャロルに淡い恋心を抱くが…

 

観るきっかけ

以前あるお客様から、おすすめ映画として教えて頂きました。「1997年製作と少し古い映画だけど、自分は一番好きな映画」というご紹介だったため、いつか観たいと思っていた映画です。

 

感想

内容としては不器用な大人の恋愛ドラマですが、特にジャック・ニコルソン演じるメルヴィンから目が離せず、とても惹きつけられました。また、個人的に最も印象に残っていることは、メルヴィンが抱える強迫性障害(強迫神経症)です。

 

強迫性障害とは

自分でもつまらないことだと分かっていても、そのことが頭から離れない、分かっていながら何度も同じ確認を繰り返してしまうこと。意志に反して頭に浮かんでしまって払いのけられない考えを強迫観念、ある行為をしないでいられないことを強迫行為という。

 

印象的なシーン

例えば、メルヴィンは何度も石鹸を替えながら手を洗わずにいられないこと、ドアに施錠する前に鍵を5回もかけたり外したりことなど、他にも様々なシーンがあります。

また、個人的にはアスペルガー症候群の可能性を感じるシーンがいくつかありました。

例えば、毎日行くお店の座る席や料理を頼むウエイトレスなど、同じ条件が整わないと食事ができないこだわりの強さ、相手の気持ちを読み取れないため、言葉を文字通り受け取ってしまうことなどです。

その障害についてはっきりしたことは言えませんが、何よりメルヴィンの人並み外れた優しさと、周囲の人を意図せず傷つけてしまうことへの葛藤、それによって傷つき悲しむ周囲の人と、お互い問題を乗り越えて前に進もうとする姿が、ユーモアたっぷりに描かれている点に、強く心を動かされました。

機会があればぜひご覧頂ければと思います☆

 

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

田谷の洞窟

こんばんは、関沢です。

今回は、横浜にある「田谷の洞窟」という場所のご紹介です。

 

田谷の洞窟とは

正式名称は瑜伽洞(ゆがどう)。神奈川県横浜市の真言宗大覚寺派田谷山定泉寺境内にある人工洞窟。定泉寺は1532年に建立されたと伝わっているが、瑜伽洞の歴史はそれよりも古く、その原型は古墳時代の横穴墓ないし横穴式住居の跡であるとも言われている。この洞窟の全長はおよそ1キロメートルほどと推定され、一般公開されているのは約250メートル。

 

背景

異常な暑さとなった今年の夏の間、どこか涼しい場所はないかいろいろ探していたところ、見つけたのがこの場所でした。内部の気温は季節を問わず16度前後とのことで、ひんやり涼むにはもってこいな場所と考え、先日行ってみました。

 

いざ中へ

入り口でもらったロウソクに火をつけて、約30分ほどの洞窟を進むちょっとした冒険です。鎌倉時代に真言密教の修行場として使われていたとのことで、洞内壁面に無数の仏像が刻まれています。

洞窟内部は撮影禁止となっており、その様子は文章ではなかなかお伝えできないのですが、ひんやりとした気温、内部を流れる川の水音とその反響音、ロウソクで照らす薄暗い道とたくさんの仏像によって、そこは非現実空間という印象でした。涼めるというような軽い気持ちで行きましたが、それ以上に不思議な体験ができてとても楽しめました。

あと、もし行ってみる際は、休日は若干人が多いため平日に行ってみる方がいいかもしれません。田谷の洞窟の情報を知りたい方は、こちら

 

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

タイ料理

こんばんは、関沢です。

今回はタイ料理のカオマンガイについて、書いていきます。

 

背景

食欲もなくなってしまうほどの暑さが続きますが、食べないとエネルギーも出ませんし、かといって食べたい料理もあまり思いつかず最近は過ごしていました。

そこで作ってみたのが、カオマンガイ。この暑さも東南アジアをイメージすれば、少しでも陽気に楽しく乗り越えられると考え、挑戦です笑

 

カオマンガイとは

「カオ」はご飯、「ガイ」は鶏肉を意味する。使用される鶏肉は軍鶏(シャモ)肉が主流で、米もタイで生産されたタイ米(ジャスミン米)であることから、タイ料理として位置づけられている。日本人の口にも合う料理として、東南アジアを旅行する日本人旅行者の間でも大変人気

 

調理

調理方法はいたって簡単で、しょうがにんにく塩こしょうなどお好みの材料と鶏胸肉をお米と一緒に炊きます。炊き上がった鶏肉は食べやすい大きさに切り分けます。

タレはお好みですが、今回は唐辛子、ニラ、タマネギ、ニンニクを炒め、醤油、砂糖、ごま油などで味を整え、レモンを絞ります。

パクチーの代わりに三つ葉、キュウリを添えて完成。

 

感想

簡単なわりに、あまり馴染みのないエスニックな風味を味わえ、またタレのおかげで食欲がなくてもつい食べたくなる一品にもなりました♫

まだまだ暑さは続きそうですが、夏バテ防止の一品としてもおすすめです。

本日は以上です。ありがとうございました。

 

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

青森ヒバ

こんばんは、関沢です。

今回は最近はまっている青森ヒバについて、書いていきます。

 

ヒバとは

ヒノキやサワラの別名。青森県では「ヒバ」もしくは「青森ヒバ」、秋田県では「ツガルヒノキ」、岩手県と山形県では「クマサキ」、石川県と富山県では「アテ」、新潟県佐渡島では「アテビ」などと呼ばれる。また、秋田スギ、木曽ヒノキと並び、青森ヒバは日本三大美林と言われている

 

青森ヒバの特徴

青森ヒバは、北の厳しい風雪に耐えながらゆっくり年輪を重ねていくそうです。青森ヒバが直径70センチになるまでには300年かかると言われ、杉と比べると3倍の歳月が必要です。

また、青森ヒバから抽出される精油の中には40種類あまりの成分があり、その中の「ヒノキチオール」と「β一ドラブリン」には、非常に強力な抗菌作用があります。この2種類の成分をもつ木は世界でもまれで、日本では青森ヒバだけだそうです。

 

青森ヒバが持つ4大効果

●抗菌効果→カビ、雑菌を寄せつけない
●防虫効果→シロアリ・ダニ・ゴキブリを寄せつけない
●消臭・脱臭効果→不快な臭いを抑える
●精神安定効果→森林浴成分によりストレスを緩和する働きがある

 

きっかけ

毎日エアコンを使っていると、その分部屋に空気がこもりがちです。エアコンの掃除、換気はもちろんですが、部屋の空気含めよりリラックスできる環境にしたいと考えていたところ、たまたま見つけたのが「青森ヒバ」でした。

まず試しにヒバチップを購入し、部屋のいたるところに置いてみたところ、部屋全体が青森ヒバのほのかな香りに包まれ、とても心地よい空間になりました。その自然な香りが気に入ったので、次は精油も使ってみようと思います。

ご興味のある方は、「青森ヒバ」で検索してみてください☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■