青森ヒバ

こんばんは、関沢です。

今回は最近はまっている青森ヒバについて、書いていきます。

 

ヒバとは

ヒノキやサワラの別名。青森県では「ヒバ」もしくは「青森ヒバ」、秋田県では「ツガルヒノキ」、岩手県と山形県では「クマサキ」、石川県と富山県では「アテ」、新潟県佐渡島では「アテビ」などと呼ばれる。また、秋田スギ、木曽ヒノキと並び、青森ヒバは日本三大美林と言われている

 

青森ヒバの特徴

青森ヒバは、北の厳しい風雪に耐えながらゆっくり年輪を重ねていくそうです。青森ヒバが直径70センチになるまでには300年かかると言われ、杉と比べると3倍の歳月が必要です。

また、青森ヒバから抽出される精油の中には40種類あまりの成分があり、その中の「ヒノキチオール」と「β一ドラブリン」には、非常に強力な抗菌作用があります。この2種類の成分をもつ木は世界でもまれで、日本では青森ヒバだけだそうです。

 

青森ヒバが持つ4大効果

●抗菌効果→カビ、雑菌を寄せつけない
●防虫効果→シロアリ・ダニ・ゴキブリを寄せつけない
●消臭・脱臭効果→不快な臭いを抑える
●精神安定効果→森林浴成分によりストレスを緩和する働きがある

 

きっかけ

毎日エアコンを使っていると、その分部屋に空気がこもりがちです。エアコンの掃除、換気はもちろんですが、部屋の空気含めよりリラックスできる環境にしたいと考えていたところ、たまたま見つけたのが「青森ヒバ」でした。

まず試しにヒバチップを購入し、部屋のいたるところに置いてみたところ、部屋全体が青森ヒバのほのかな香りに包まれ、とても心地よい空間になりました。その自然な香りが気に入ったので、次は精油も使ってみようと思います。

ご興味のある方は、「青森ヒバ」で検索してみてください☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■