夏の思い出

こんにちは、関沢です。

今回は夏の思い出について、書いていきます。

 

夏の思い出

「夏」というと、みなさんはどんな思い出がありますか?

僕は子供の頃から、一年中夏でいいと思うくらい夏好きで、それは今も変わりません。ただ、あらためて考えてみると、特に子供の頃の方が夏の思い出は多いようです。

 

具体的な思い出

一番印象に残っているのは、やはり小学校の夏休み。当時の僕にとっての夏休みは、普段できないことができる魔法のような期間でした☆

・暇さえあれば海に行き、朝から晩まで泳いだり、飛び込んだり、潜ったこと。一番早いときで4月頃にはもう泳いでいました。

・友達と一緒に行った深夜のクワガタ捕り。何が飛んでくるか分からない真っ暗闇の密林は、今考えるとぞっとします笑

・歩いてすぐの砂浜で、家族で行う手持ち花火。家族が揃うことも、気軽に外で花火ができることも、今思えば貴重でした。

・夏恒例の肝試し。近所の墓場がその舞台で、友達と一緒に歩き回ります。ただ、昔住んでいた家が、お寺のお墓の奥にあり毎日が肝試しだったので、その免疫は今でもあります笑

・1993年7月公開の「ジュラシック・パーク」を、父親の運転で友人数人とレイトショーの映画館に行ったこと。映画以上にその道中聞いた父親の心霊体験が、なぜか印象に残っています笑

 

最後に

僕の夏の思い出として、ぱっと浮かんだのはこんな出来事でした。特に子供の頃の思い出が多いということは、今とはまた違うワクワク感が当時はあったのかもしれません☆

引き続き今年の夏も、満喫していきたいと思います♫

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■