不思議な音色

こんばんは、関沢です。

今回は不思議な音色について、書いていきます。

 

きっかけ

たまたまネットで見つけたある楽器。その楽器は、形からは想像できないほど素敵な音色で、ついつい聴き入ってしまいました。

今回はその楽器「ガンクドラム」をご紹介します。

 

ガンクドラムとは

もともとは、プロパンボンベで作られた打楽器。丸い円形で、現在はステンレスなどで作られているようです。

 

名前の由来

固な製作者が夫して作り上げたドラムなので、頑工(がんく)ドラム。

 

その他

とてもおもしろいと感じた点は、音階・周波数を指定できることです。人を癒すといわれる528Hzを入れて作ることで、さらに心地よい音色にもなるようです☆

 

最後に

お時間のあるときに、一度音色を聴いて頂ければと思います。その際は、できればイヤホンなどで聞いてみることをおすすめします♫

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■