【あるご相談】一人でずっと家にいる

こんばんは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については、了承を頂いています☆

 

悩み電話相談の内容

30代男性で、現在は仕事をせず一人でずっと家にいるというお話でした。仕事は2ヶ月前に辞め、毎日やることもなく、かといって転職活動をしようと思ってもやる気が出ず、人とコミュニケーションを取ることもなく、何のために生きているのだろうと漠然と考える時間が増えてきた、というご相談でした。

 

悩み相談をしている中で

お話していく中で、前職の退職理由をお聞きすると、月100時間を超える残業、休日出勤、その他精神的なプレシャーから、うつのような状態になってしまったとのことでした。現在通院はしてませんが、うつの影響も少なからずあるかもしれない、と自覚をされていました。

その上で、現状感じる問題点をお聞きすると、以下のようなお答えが出ました。
・何もしていないのに、常に疲労感があること
・不安な気持ちが強すぎて、夜眠れない日があること

・仮に就職できても、次の会社でやっていける自信がないこと
・あまりに人と関わらないため、コミュニケーションを取れる自信がないこと
・このまま仕事も結婚もできないのではと、将来が不安になること
・お金がなくなり、生活ができなくなることが不安なこと

 

話し相手サービスを利用した感想

漠然とどうしたらいいか分からない状況が続いていたけど、一つ一つを整理してみると少しだけすっきりしてきた、とのことでした。

また、その一つ一つを紙に書き出し、どうすれば解決できるのかを考えてみますと、最後はおっしゃって頂けました。

 

最後に

特に精神面も含めた様々な問題を一人で抱えると、混乱してしまい、自力で解決策を出せなくなってしまう場合があります。

そんなときは問題を一つ一つ整理し、それぞれの解決策を考えることも有効です。ただし、それだけの作業を自分でこなす体力があるかどうかも重要な点なので、自分で整理できないと感じた際は、医療機関含めた周囲の力を借りることも大切かと思います。

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。仕事、恋愛、人間関係、様々な悩みや気持ちの整理も含め、話し相手がほしいとき、愚痴を吐き出したいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■