【今井】猫の出産

こんにちは、今井ふゆこです。
今日は19年一緒に暮らしていた愛猫みゅうのお話しをしたいと思います。

 

ある日

主人が子猫を拾って帰ってきました!
まだ生後2ヶ月くらいだったと思います。
嬉しくて、嬉しくて、、
私たちは毎日のように、ミルクを飲ませる哺乳瓶やトイレ、、おもちゃなどをあれやこれやと試行錯誤しながらホームセンターへ通っていました。

 

妊娠

あっという間に大きくなり
一年後には立派な大人の女性になってしまったみゅうちゃん(=^x^=)
近所の♂猫たちが、いつも窓辺のみゅうに会いにきていたので、一度くらい子供を産ませてあげたいと思い、主人に内緒でみゅうを外へ出してみました。

戦いの末、ボロボロになって帰ってきたみゅうは、みごとに妊娠 笑
2ヶ月後にはみるみるお腹が膨らんでいきました!

 

出産

1997年2月、ヘールポップ彗星の撮影を終えて私たちが帰宅をすると、いつも玄関で迎えてくれるみゅうの姿がありません!
家中探し回ってみると、押入れの戸が少しだけ開いていました。
まさか、、押入れの中で出産⁈
中を覗くとみゅうがはぁはぁ言いながら苦しそうにうずくまっていて、出産寸前の状態でした!
良かった、間に合った、、
慌てて前から用意していた箱の中にそうっとみゅうを移動させました。
出産する時は見てはいけない、なぜなら子供を取られると思い、産んだ子供を食べてしまうから、絶対に見てはダメだよ!と猫の出産に詳しい知人からアドバイスを受けていたので、暗がりのすみの方に箱を置き、みゅうちゃん、頑張ってねと言ってその場を離れようとしました。
すると、みゅうはミャー‼と叫びながら私の後を追いかけてきます。みゅうちゃん!ガンバレ!と言って箱の中に戻してやり、離れようとすると、またミャー‼と泣きながら追いかけてくるのです!
そんなことを何度も繰り返し、私はしばらくみゅうのそばにいてあげることにしました。
みゅうは横たわり、はぁはぁ言いながら、時より私に向かってミャー‼苦しいよー‼と訴えてきました!
私も思わず、お腹を摩りながら、ヒッヒッフー、ヒッヒッフー、、と必死で叫んでいました 笑
頑張って、、みゅうちゃん、、

 

そうして2時間が過ぎた頃、やっと第一子が産まれ、ヤッターー、産まれた!!
主人が早く姿を消そうと言うので、部屋から出ようとした途端、こんどは子供をぶら下げたまま私を追いかけてきます!
この子はダメだわ、、笑
みゅうのそばを離れることのできない私は
知人のアドバイスに背き、結局、みゅうの出産に最後まで立合うことにしました!
その後、1時間くらいかけて、次々に産み
無事、みゅうは合計4匹の子猫を産み終えました!

 

それからの2ヶ月間

それからの2ヶ月間は、みゅうと一緒に子育てを楽しみました♡
みゅう母さんと4匹の子猫たちに囲まれ、、
本当に夢のような時間でしたが、ずうっとこのまま置いておくわけにはいかないので、泣く泣く3匹の子猫を里親に出すことにしました。

 

 

残った子の名前は茶トラのくう太🐱
子供のいない、私たち夫婦にとって
みゅうとくう太との生活は、本当に楽しく
癒された日々でした。

あっという間に、時は過ぎ
息子のくう太が13歳、その5年後には
みゅうも19歳で逝ってしまいました、、

あれから3年、、
あの温もりを、今でもはっきりと覚えています。。

もう一度、会いたいなーー

みゅうちゃん、、くうちゃん、、
ありがとーまたね♥∗*゚

////////////////////////////////////////////////
ではでは、今日はこの辺で
( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾

 

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
今井 ふゆこ
詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■