野毛②

こんにちは、関沢です。

今回は前回の野毛の続きを書いていきます☆

 

気をつけること

飲みに行く際何より気をつけることは、飲みすぎないこと。

厳密には僕はとにかくお酒が弱いので、ペース配分を間違えるとすぐ帰宅せざるを得なくなります。

せっかくなのでできる限り飲んで楽しみたい気持ちと、1杯飲めば十分という現実を調整することが必要です笑

 

今回開拓したお店

立ち食い寿司「まんぼう」

今まで立ち食いのお寿司屋さんに行ったことはありませんでしたが、新鮮なネタで値段もとてもリーズナブルでした。

以前飲み屋で働いている友人から「狭くて混んでる飲み屋に行ったら、さくっと飲んで食べて長居は極力しない方が良い」というアドバイスを思い出し、長居はせずに適度に食べて飲んで次に向かう。

 

焼き鳥「コッコ堂」
こちらもこじんまりとしていますがとても活気があり、席はほぼ満席でした。焼き鳥もどれも美味しかったのですが、特にハツのタレが僕は好きでした♫

 

大衆酒場「大黒屋」
古き良き大衆酒場、という雰囲気が個人的にとても好きで、最後は落ち着いてゆっくり飲めました。

 

 

最後に

今回飲んだお酒は、ぴったり3杯で無事終わりました笑

野毛は、まだまだ未知のお店、興味深いお店は山ほどあるので、開拓はこれからもどんどんしていきたい場所になりました!機会があれば、皆さんもぜひ行かれてみてはいかがでしょうか☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

野毛①

こんばんは、関沢です。

今回は横浜の「野毛」について書いていきます。

 

きっかけ

以前あるお客様から「神奈川に住んでるなら、横浜の野毛に飲み行ったらいいよ。おもしろいから」と教えて頂きました。

僕はもともと横須賀出身で、横浜に行く機会は頻繁にあったのですが、なぜか野毛に行ったことはありませんでした。そこで先日、せっかくなので野毛に行ってみようと一歩を踏み出してみました。

 

 

野毛とは

横浜市の玄関口JR根岸線桜木町駅の西部に広がる低地から台地にかけた一帯をいう。桜木町駅へは地下道「野毛ちかみち」でつながる。約500店もの飲食店や動物園や大道芸で知られる。

 

 

野毛の歴史

古くは、江戸時代末期に東海道と横浜港を結ぶ横浜道が開かれ、野毛山の中腹に切り通しで道が作られたことが始まりのようです。

第二次世界大戦終結直後、日本が物資不足にあえぐ中で「野毛に来ればなんでも揃う」と言われるほどのにぎわいで、復員の兵士やかつての工員などが職と食を求めて集まりごった返し、闇市と屋台が並び、貴重なクジラカツを販売する「くじら横丁」などは、終戦当時を象徴する場所として語られることもあるそうです。

ただ、そんな野毛も苦戦を強いられた時期もあったようです。

東急東横線の桜木町駅が2004年に廃止され、野毛飲食店街では売り上げの減少や廃業に追い込まれる店が相次ぎました。しかし賃料が下がった空き店に若い飲食店主が進出するようになり、一時は3割以上減った野毛飲食業協同組合の加盟店数も回復、中高年男性が多かった客層も若い男女や家族連れを含めて広がって今に至るとのことです。

 

 

次回はそんな野毛を探索した感想を書いていきたいと思います☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

【あるご相談】恋愛、彼女を比べることについて

こんばんは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については了承を頂いています☆

 

悩み電話相談の内容

20代男性から、最近付き合い始めた彼女についてのご相談。

過去付き合った女性は4人で、いい意味でも悪い意味でも個性的な人と付き合ってきたそうです。それに比べて、今の彼女はとても優しくて真面目な人。将来一緒にいたい人は今の彼女に間違いないが、どうしても過去付き合った彼女と比べてもやもやする、というお話でした。

 

自分が本当に望んでいること

そのお客様はお話していく中で「結局はないものねだりをしているだけ」ということにご自身で気づかれました。


そして「自分自身が望んでいることをもう一度整理する必要があるかもしれない」とおっしゃっていました。それは、
過去付き合った人と今の彼女を比べることが悪いのではなく、自分が望んでいることが明確にできていないことが問題、と感じたようです。

 

最後に

以前、「100%満足できるパートナーに巡り会えない」というご相談を頂いたことがあります。

それは「自分自身が望んでいることが明確になっていないから」かもしれません。

 

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。プライベート、仕事、恋愛、人間関係、様々な悩みや気持ちの整理も含め、話し相手がほしいとき、愚痴を吐き出したいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

【今井】雲

こんにちは、今井ふゆこです。
今日は雲の写真のご紹介です!

 

子供の頃の雲

私は子供の頃から、雲が大好きでした。
青空にぽっかりと浮かんでいる
大きな真っ白な雲☁️
ソフトクリームや時に
動物に見えたりして、、

 

あの雲の上は
どうなっているんだろう?
もしかしたら
あのふわふわに乗っかれるのでは
ないだろうか?
なんて、、
本気で考えながら
ゆっくりと流れ行く雲を
いつまでも見ていました。。

 

最近の雲

最近は夕日が照らす幻想的な雲に魅了され
シャッターを切ることが多くなりました。

 

なんだか、別世界へ吸い込まれるような気がしませんか?
毎日、夕暮れ時が楽しみです♡

////////////////////////////////////////////////
ではでは、今日はこの辺で
( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
今井 ふゆこ
詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

食欲の秋

こんばんは、関沢です。

今回は食欲の秋について、書いていきます。

 

食欲の秋の意味

夏バテを治すためだったり、動物の冬眠と同様の冬の準備という意味もあるようですが、単純に四季の中で秋が最も食欲が増進する季節、という意味が一番強いようです。

ここ最近食べたもの

食欲の秋といっても特別なご紹介はできませんが、ここ最近食べたものをご紹介していきます☆

 

「さんまの塩焼き」

自宅の魚焼き機を使うのは初めてで、相当な煙が出ることも覚悟しましたが全く出ず、安心して焼けました。

 

「サバの味噌煮」

コツは味噌は最初に入れる分と、食べる直前で入れる分を分けると美味しいとのことで、まずまずの出来。

 

「シメサバ」

塩とお酢は各1時間、その後念のため一度冷凍してから食べました。味がしっかりしみて美味しかったです。

 

 

最後に

食欲の秋ということもあり、最近は自分で作ったご飯を食べるといつも以上に幸せを実感します。

そんなささやかな幸せを大切に、これからも過ごしていきたいと思います♫

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■