おすすめ映画のご紹介

こんばんは、関沢です。

今回は久しぶりに映画について、書いていきます。

 

齊藤 工監督「blank13」

 

あらすじ

コウジの父・雅人は、ギャンブルで借金を作り13年前に姿を消す。消息が判明しとき、雅人はすでにガンを患っており余命3か月だった。家族の溝は埋まらないまま、雅人は帰らぬ人となるが…

 

 

感想

そんなに期待せずなんとなく観てみたのですが、とてもおもしろかったです。

 

その中で特におもしろいと感じたのは、映画の中の父親と自分の父親の重なる点でした。

 

僕は父親と少なからずわだかまりというか、溝がありました。そして、そのわだかまりが埋まらないまま亡くなった父に対して抱く感情や、家族の視点と父の友人の視点の違いにも共感できる点があり、深く考えさせられました。

 

 

最後に

普段なかなか意識することのない家族、特に親に対して抱く気持ちをふと思い出させてくれる、そんな映画だと思います。

 

ご興味を持った方は、ぜひご覧頂ければと思います☆

本日は以上です。ありがとうございました。

 

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

南国気分

こんばんは、関沢です。

毎日寒い日が続きますね。僕は寒さが大の苦手で、もう何枚着ても耐えられないくらいの冷え性で、今は辛くて仕方ありません。

今回はそんな寒さを少しでも忘れるため、東南アジア、ベトナムの写真をいくつかご紹介したいと思います。

 

なぜベトナム?

去年の11月末、ちょうど冬の寒さがじわじわ近づいてきたタイミングで、僕はベトナムに行ってきました。

その度の条件は、暖かい南国、海が綺麗、ご飯が美味しい、のんびり過ごせること。

そのときぴったりきた国がベトナムだったので、今回思い切って行ってきました☆

 

写真

僕自身少しでも寒さを忘れて南国気分を思い出すためにも、いくつか写真をご紹介したいと思います。

 

よく晴れた空の下、砂浜を散歩するだけでも南国は楽しくて仕方ありません

 

僕の一番好きな景色は夕日です。海とプールと空がピンク色に染まりました

 

さらに時間が経つと、今度は濃いオレンジ色に染まります

 

そして夜は大勢の人でにぎわうナイトマーケットへ足を運びます

 

マンゴー、りんご、特に美味しかったのがパッションフルーツでした

 

珍しさにつられて食べたシャコ。弾力があってとっても美味しかったです

 

 

「フォー」。完全にはまってしまい、3日間で8食は食べました

 

最後に

久しぶりに写真を見返すと、また南国に行きたくて仕方がない気持ちになってきました笑

寒さの厳しくなる日本で、そんな南国の雰囲気を少しでも伝えられたら嬉しいです☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

銭洗弁財天

こんばんは、関沢です。

今回は鎌倉の観光スポット「銭洗弁財天宇賀福神社」をご紹介したいと思います。

 

銭洗弁財天宇賀福神社とは

神奈川県鎌倉市佐助にある神社。境内洞窟にある清水で硬貨などを洗うと増えると伝えられていることから、銭洗弁財天(銭洗弁天)の名で知られる。

 

 

興味を持ったきっかけ

普段朝はゆっくり起きるのですが、今年になってからは珍しく早起きしているので、何とかその時間を活用したいと考え、散歩に行くことに決めました。

日頃の運動不足解消を兼ね往復2〜3時間以内、行ったことのない場所、ワクワクするような場所を調べた結果、銭洗弁財天を見つけました。

 

歴史

源頼朝が、巳年である1185年の巳の月(旧暦4月)巳の日に見た霊夢に従い、佐助ヶ谷の岩壁に湧く霊水を見つけ、そこに洞を穿ち社を建てて宇賀神を祀ったと伝えられる。

同じく巳年の1257年(正嘉元年)に、北条時頼がこの霊水で銭を洗って一族繁栄を祈ったのが銭洗の始まりだといわれる。

 

感想

「お金を洗う」という行為がとても新鮮かつ不思議な体験で、興味深い場所でした。

また往復2時間くらいなので、散歩コースとしてもちょうど良かったです。

ご興味ある方は鎌倉散策のついでに、ぜひ銭洗弁財天に行ってみることをおすすめします☆

 

 

ちなみに洗ったお金は使ってはいけないそうですが、僕は知らずにすぐ使ってしまいました。ご注意ください笑

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

2019年

こんばんは、関沢です。

ずいぶん間が空いてしまいましたが、、あらためて新年あけましておめでとうございます!

昨年も様々なことがありましたが、今年もできることを精一杯取り組み、良い年にしていきたいと思います。みなさんにとっても良い年になることを心から願っています☆

 

昨年の出来事

個人的には、昨年もいろいろなことが起こりましたが、特に大きな変化としては数年ぶりの海外旅行として、初のベトナムに行ってきたことです。

その内容を書こう書こうと思いつつ、なかなかまとめることができていませんでしたが、どこかのタイミングで必ずご紹介したいと思います♫

 

今年の抱負

今年は「挑戦」ということを、抱負にしたいと思います。

仕事、遊び、料理、運動、旅行、散歩、山登りなど気になることはどんどん挑戦することで、何かしら得るものがあるのではないかと感じています。

 

来年1月にまた振り返った際、「去年はいろいろ挑戦をしたな」と胸を張れるような1年にしたいと思っています。

 

今年もどうぞよろしくお願いいたします☆

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

ピクルス

こんばんは、関沢です。

今回は最近はまっている料理について、書いていきます。

 

「ピクルス」

最近作った中で、一番美味しかった料理がピクルスでした。

好きな野菜をたくさん食べられること、簡単なこと、長持ちすること、見栄えが良いことなど、僕の望む様々な条件をクリアできる料理でもあります。

せっかくなので、今回はそんな簡単ピクルスをご紹介したいと思います☆

 

作り方

【材料】
水:500ml

酢:200ml
にんにく:ひとかけ
ローリエ:2枚
鷹の爪:1つ
オリーブオイル:大さじ2
塩:大さじ2
砂糖:小さじ1
野菜:好きなものを好きなだけ

1 ピクルス液

にんにく、ローリエ、鷹の爪をオリーブオイルで炒める。ある程度火が通ったところで塩、砂糖、水、酢を入れ、ひと煮立ちしたら火を止め冷ます

2 野菜を漬ける

好きな野菜を瓶もしくはジップロックなどに入れ漬け込む。今回の野菜は、パプリカ、ミョウガ、カブ、レンコン、きゅうり、人参、ラディッシュ
※レンコンは下処理、色が出るラディッシュのみ別の容器で漬けました

 

感想

個人的には漬けて2日後くらいから食べ始めるのがちょうど良かったです。あと、好みによりますが、砂糖少なめで甘すぎないさっぱりめなピクルスが僕は好きです♫

何より飽きることなく野菜を毎日美味しく食べられることが、一番おすすめな点です。機会があればぜひ作ってみてください☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

野毛②

こんにちは、関沢です。

今回は前回の野毛の続きを書いていきます☆

 

気をつけること

飲みに行く際何より気をつけることは、飲みすぎないこと。

厳密には僕はとにかくお酒が弱いので、ペース配分を間違えるとすぐ帰宅せざるを得なくなります。

せっかくなのでできる限り飲んで楽しみたい気持ちと、1杯飲めば十分という現実を調整することが必要です笑

 

今回開拓したお店

立ち食い寿司「まんぼう」

今まで立ち食いのお寿司屋さんに行ったことはありませんでしたが、新鮮なネタで値段もとてもリーズナブルでした。

以前飲み屋で働いている友人から「狭くて混んでる飲み屋に行ったら、さくっと飲んで食べて長居は極力しない方が良い」というアドバイスを思い出し、長居はせずに適度に食べて飲んで次に向かう。

 

焼き鳥「コッコ堂」
こちらもこじんまりとしていますがとても活気があり、席はほぼ満席でした。焼き鳥もどれも美味しかったのですが、特にハツのタレが僕は好きでした♫

 

大衆酒場「大黒屋」
古き良き大衆酒場、という雰囲気が個人的にとても好きで、最後は落ち着いてゆっくり飲めました。

 

 

最後に

今回飲んだお酒は、ぴったり3杯で無事終わりました笑

野毛は、まだまだ未知のお店、興味深いお店は山ほどあるので、開拓はこれからもどんどんしていきたい場所になりました!機会があれば、皆さんもぜひ行かれてみてはいかがでしょうか☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

野毛①

こんばんは、関沢です。

今回は横浜の「野毛」について書いていきます。

 

きっかけ

以前あるお客様から「神奈川に住んでるなら、横浜の野毛に飲み行ったらいいよ。おもしろいから」と教えて頂きました。

僕はもともと横須賀出身で、横浜に行く機会は頻繁にあったのですが、なぜか野毛に行ったことはありませんでした。そこで先日、せっかくなので野毛に行ってみようと一歩を踏み出してみました。

 

 

野毛とは

横浜市の玄関口JR根岸線桜木町駅の西部に広がる低地から台地にかけた一帯をいう。桜木町駅へは地下道「野毛ちかみち」でつながる。約500店もの飲食店や動物園や大道芸で知られる。

 

 

野毛の歴史

古くは、江戸時代末期に東海道と横浜港を結ぶ横浜道が開かれ、野毛山の中腹に切り通しで道が作られたことが始まりのようです。

第二次世界大戦終結直後、日本が物資不足にあえぐ中で「野毛に来ればなんでも揃う」と言われるほどのにぎわいで、復員の兵士やかつての工員などが職と食を求めて集まりごった返し、闇市と屋台が並び、貴重なクジラカツを販売する「くじら横丁」などは、終戦当時を象徴する場所として語られることもあるそうです。

ただ、そんな野毛も苦戦を強いられた時期もあったようです。

東急東横線の桜木町駅が2004年に廃止され、野毛飲食店街では売り上げの減少や廃業に追い込まれる店が相次ぎました。しかし賃料が下がった空き店に若い飲食店主が進出するようになり、一時は3割以上減った野毛飲食業協同組合の加盟店数も回復、中高年男性が多かった客層も若い男女や家族連れを含めて広がって今に至るとのことです。

 

 

次回はそんな野毛を探索した感想を書いていきたいと思います☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

【あるご相談】恋愛、彼女を比べることについて

こんばんは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については了承を頂いています☆

 

悩み電話相談の内容

20代男性から、最近付き合い始めた彼女についてのご相談。

過去付き合った女性は4人で、いい意味でも悪い意味でも個性的な人と付き合ってきたそうです。それに比べて、今の彼女はとても優しくて真面目な人。将来一緒にいたい人は今の彼女に間違いないが、どうしても過去付き合った彼女と比べてもやもやする、というお話でした。

 

自分が本当に望んでいること

そのお客様はお話していく中で「結局はないものねだりをしているだけ」ということにご自身で気づかれました。


そして「自分自身が望んでいることをもう一度整理する必要があるかもしれない」とおっしゃっていました。それは、
過去付き合った人と今の彼女を比べることが悪いのではなく、自分が望んでいることが明確にできていないことが問題、と感じたようです。

 

最後に

以前、「100%満足できるパートナーに巡り会えない」というご相談を頂いたことがあります。

それは「自分自身が望んでいることが明確になっていないから」かもしれません。

 

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。プライベート、仕事、恋愛、人間関係、様々な悩みや気持ちの整理も含め、話し相手がほしいとき、愚痴を吐き出したいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

【今井】雲

こんにちは、今井ふゆこです。
今日は雲の写真のご紹介です!

 

子供の頃の雲

私は子供の頃から、雲が大好きでした。
青空にぽっかりと浮かんでいる
大きな真っ白な雲☁️
ソフトクリームや時に
動物に見えたりして、、

 

あの雲の上は
どうなっているんだろう?
もしかしたら
あのふわふわに乗っかれるのでは
ないだろうか?
なんて、、
本気で考えながら
ゆっくりと流れ行く雲を
いつまでも見ていました。。

 

最近の雲

最近は夕日が照らす幻想的な雲に魅了され
シャッターを切ることが多くなりました。

 

なんだか、別世界へ吸い込まれるような気がしませんか?
毎日、夕暮れ時が楽しみです♡

////////////////////////////////////////////////
ではでは、今日はこの辺で
( ⸝⸝•ᴗ•⸝⸝ )੭⁾⁾

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
今井 ふゆこ
詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

食欲の秋

こんばんは、関沢です。

今回は食欲の秋について、書いていきます。

 

食欲の秋の意味

夏バテを治すためだったり、動物の冬眠と同様の冬の準備という意味もあるようですが、単純に四季の中で秋が最も食欲が増進する季節、という意味が一番強いようです。

ここ最近食べたもの

食欲の秋といっても特別なご紹介はできませんが、ここ最近食べたものをご紹介していきます☆

 

「さんまの塩焼き」

自宅の魚焼き機を使うのは初めてで、相当な煙が出ることも覚悟しましたが全く出ず、安心して焼けました。

 

「サバの味噌煮」

コツは味噌は最初に入れる分と、食べる直前で入れる分を分けると美味しいとのことで、まずまずの出来。

 

「シメサバ」

塩とお酢は各1時間、その後念のため一度冷凍してから食べました。味がしっかりしみて美味しかったです。

 

 

最後に

食欲の秋ということもあり、最近は自分で作ったご飯を食べるといつも以上に幸せを実感します。

そんなささやかな幸せを大切に、これからも過ごしていきたいと思います♫

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■