【ブログ】

お知らせ

ご利用のみなさまへ

平素よりノーベルライフのご利用を

誠にありがとうございます。

さて 令和元年10月からの消費税率の改定に伴い

利用料金、利用方法を改定することとなりました。

改定する内容は下記のとおりです。

つきましては誠に恐縮ながら

101日より実施させていただきます。

これを機会にさらに丁寧で誠実な傾聴を

実践していきたいと一同心新たにしております。

何とぞご理解のうえ

今後とも変わらぬご愛顧のほど.

心からお願い申し上げます,

                   

            敬具

◻新しい料金と利用方法について

150円(603,000円)

・銀行からのお振り込みによる前払い制。

 1,000円(20分)以上、1,000円単位の

 ご入金が確認でき次第対応いたします。

・クレジットの一旦停止

 

令和元年9月吉日  

    ノーベルライフ代表 関沢啓二郎

お知らせ

ご利用のみなさまへ

平素よりノーベルライフのご利用を

誠にありがとうございます。

さて 令和元年10月からの消費税率の改定に伴い

利用料金、利用方法を改定することとなりました。

改定する内容は下記のとおりです。

つきましては誠に恐縮ながら

101日より実施させていただきます。

これを機会にさらに丁寧で誠実な傾聴を

実践していきたいと一同心新たにしております。

何とぞご理解のうえ

今後とも変わらぬご愛顧のほど

心からお願い申し上げます。

                   

                                                                              敬具

◻新しい料金と利用方法について

150円(603,000円)

・銀行からのお振り込みによる前払い制

 1,000円(20分)以上、1,000円単位の

 ご入金が確認でき次第対応いたします。

・クレジットの一旦停止

 

令和元年9月吉日

     

ノーベルライフ代表 関沢啓二郎

吾妻山

こんばんは、関沢です。

今回は「吾妻山」のご紹介です。

 

吾妻山

神奈川県中郡二宮町にある標高136.2mの山。その山頂には1987年7月18日に開園した吾妻山公園があり、年中無休で入場料は無料。

 

背景

先日日頃の運動不足の解消をかねてどこかハイキングに行こうと、近くの山をいくつか調べてみました。

そこで吾妻山を見つけ、毎年1月下旬から2月上旬には山頂及び展望台辺りには菜の花が満開になるそうで、せっかくなので菜の花を見に行ってみようと吾妻山に決めました。

 

感想

吾妻山はハイキングというほどの距離はなく、運動と考えたら少し物足りなさはありました。

ですが、とにかく菜の花が満開で頂上は素晴らしかったです☆もうそれだけで行く価値はありますが、ちょうど僕が行ったときは富士山も綺麗に見え、まさに絶景でした♫

 

 

そして、なぜか頂上に猫が一匹おり、個人的にはその猫が気になって仕方ありませんでした笑

 

 

最後に

春が近づくにつれ、いろいろなお花が咲き始めます。気分転換に、軽い運動に、のんびり過ごすために、外に出かけてみるのも良いかもしれません☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

傾聴について

こんばんは、関沢です。

今回は傾聴について、書いていきます。

 

 

きっかけ

先日ある本を読んで、とても印象に残る箇所がありました。今回はその本から、一部を抜粋したいと思います。

 

内容

長尾文雄「傾聴と共感」

深い谷底か深い穴の底に落ち込んでいる状態を想像してください。

谷底から上を見上げると、空ははるか上にあって、もうここから這い上がれない。抜け出せない、自分はもうダメだ、ここで人生を終えてしまうのか、などの思いが頭の中をかけめぐります。

その時、谷の上から「どうしてそんなところにいるの。そんなところで上を眺めているから暗くなるのよ」と声をかける人がいたとします。下の人は、今の自分の状態を分かって、助けてくれる人が上にいると思えるでしょうか。

 

 

感じたこと

この文章から、傾聴という仕事のあり方を考えさせられました。

例えば、深い谷底にいる状態を、悩みを抱えて相談に来た方の目線とします。谷の上というのを、話を聴く立場のスタッフの目線とします。

そのスタッフが谷底(相手の目線)まで下りず、谷の上(自分の目線)から、良かれと思っていろいろ伝えたとしても、悩みを抱えた方は「きっとこの人には分かってもらえない」と感じるはずです。

 

「共感」とは、自分の目線ではなく、相手の目線まで下りて、理解しようとすること。あらためてその大切さに気づきました。

 

最後に

今後も自分にとって、大切な気づきや学びがあった際はご紹介していければと思います。

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

歯医者

こんにちは、関沢です。

今回は歯医者について、書いていきます。

背景

僕は歯医者が苦手です。

 

そのため、10年以上、歯医者に行っていませんでした。その分朝晩時間をかけて丁寧に歯を磨き、その作業が効果を発揮していたとつい最近まで信じていました。

が、それは僕の思い込みでした笑

銀歯が取れたため、久しぶりに歯医者に行き他の歯もついでに診てもらったところ、4、5箇所の虫歯、1本は神経まで達しており、これ以上悪化すると大変なことになるとのことで、しぶしぶ通い始めました。

 

 

苦手な理由

歯医者が苦手な理由を、まとめてみました。

・独特の匂い(その匂いだけで痛みを連想)

・ドリルの音(自分の治療時はもちろん、人の治療時でも聞くのが辛い)


・説明不足(治療期間、何の治療をしているかなどが分からないと不安が増す)

・激痛への恐れ(小さい頃、大泣きした記憶がある)

・治療が済むまで通い続けることが面倒、など

 

いざ歯医者へ

実際に治療を始めてみると、ついてもらった先生はとても親切丁寧で、痛みや不安を感じることもほぼほぼなく、無事完了しました。

歯医者が苦手だと思っていたことも、どうやら僕の思い込みでした笑

 

 

最後に

今回久々に通って思ったことは、やはり10年も放置することなく、定期的に行った方が良いということです。

定期的に診てもらえば、ここまで不安や痛みに怯えることもなく、また治療にかかる労力、費用も抑えることができ、効率的に健康な歯を維持できるからです。

特に僕のように歯医者が苦手な方には、定期的に通うことをおすすめします笑

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

早朝散歩

こんにちは、関沢です。

今回は早朝散歩について、書いていきます。

 

今年の挑戦

僕は今年、挑戦の一つとして「早朝散歩」を掲げています。

特に大きなことや大変なことではなくコツコツ続けられること、自分自身が楽しみながら取り組めることに挑戦しようと考えました。

その結果、運動不足解消や代謝を上げるためにも「早朝散歩」がぴったりだと思い、始めることにしました。

 

早朝散歩について

早朝に散歩をする以外は、特に決めていません笑

気が向いたとき、雨が降っていないとき、朝8時前に出発し、往復60分〜90分くらい歩くのがちょうど良いです。

体が芯から凍えるような寒い日でも、気づいたらポカポカ暖かくなっているのが不思議です☆

 

早朝散歩におすすめの場所

僕はアスファルトより山道を歩く方が好きで、ちょうどそんな場所が近所にあることを発見したので、最近頻繁に通っています。

一般道をしばらく歩いていくと、左手に急な上り坂が見えてきます。その上り坂を登っていくといつの間にか民家は消え、周囲は木々に囲まれます。

 

地面の土はアスファルトと異なり、足で踏むと心地よい弾力を感じられます。

木々の間からかさかさ音が聞こえると思ったら、リスが走り回っている光景も珍しくありません。

そんな場所が、最近のお気に入りです☆

 

最後に

今回は山道をご紹介しましたが、早朝散歩に適した場所は他にもいろいろあると思うので、今後も開拓していこうと思います。

「今年は何かちょっとした挑戦をしたい」と思っている方は、普段より少し早起きしてお気に入りの早朝散歩をしてみることをおすすめします♫

 

本日は以上です。ありがとうございました。

 

 

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

おすすめ映画のご紹介

こんばんは、関沢です。

今回は久しぶりに映画について、書いていきます。

 

齊藤 工監督「blank13」

 

あらすじ

コウジの父・雅人は、ギャンブルで借金を作り13年前に姿を消す。消息が判明しとき、雅人はすでにガンを患っており余命3か月だった。家族の溝は埋まらないまま、雅人は帰らぬ人となるが…

 

 

感想

そんなに期待せずなんとなく観てみたのですが、とてもおもしろかったです。

 

その中で特におもしろいと感じたのは、映画の中の父親と自分の父親の重なる点でした。

 

僕は父親と少なからずわだかまりというか、溝がありました。そして、そのわだかまりが埋まらないまま亡くなった父に対して抱く感情や、家族の視点と父の友人の視点の違いにも共感できる点があり、深く考えさせられました。

 

 

最後に

普段なかなか意識することのない家族、特に親に対して抱く気持ちをふと思い出させてくれる、そんな映画だと思います。

 

ご興味を持った方は、ぜひご覧頂ければと思います☆

本日は以上です。ありがとうございました。

 

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

南国気分

こんばんは、関沢です。

毎日寒い日が続きますね。僕は寒さが大の苦手で、もう何枚着ても耐えられないくらいの冷え性で、今は辛くて仕方ありません。

今回はそんな寒さを少しでも忘れるため、東南アジア、ベトナムの写真をいくつかご紹介したいと思います。

 

なぜベトナム?

去年の11月末、ちょうど冬の寒さがじわじわ近づいてきたタイミングで、僕はベトナムに行ってきました。

その度の条件は、暖かい南国、海が綺麗、ご飯が美味しい、のんびり過ごせること。

そのときぴったりきた国がベトナムだったので、今回思い切って行ってきました☆

 

写真

僕自身少しでも寒さを忘れて南国気分を思い出すためにも、いくつか写真をご紹介したいと思います。

 

よく晴れた空の下、砂浜を散歩するだけでも南国は楽しくて仕方ありません

 

僕の一番好きな景色は夕日です。海とプールと空がピンク色に染まりました

 

さらに時間が経つと、今度は濃いオレンジ色に染まります

 

そして夜は大勢の人でにぎわうナイトマーケットへ足を運びます

 

マンゴー、りんご、特に美味しかったのがパッションフルーツでした

 

珍しさにつられて食べたシャコ。弾力があってとっても美味しかったです

 

 

「フォー」。完全にはまってしまい、3日間で8食は食べました

 

最後に

久しぶりに写真を見返すと、また南国に行きたくて仕方がない気持ちになってきました笑

寒さの厳しくなる日本で、そんな南国の雰囲気を少しでも伝えられたら嬉しいです☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

銭洗弁財天

こんばんは、関沢です。

今回は鎌倉の観光スポット「銭洗弁財天宇賀福神社」をご紹介したいと思います。

 

銭洗弁財天宇賀福神社とは

神奈川県鎌倉市佐助にある神社。境内洞窟にある清水で硬貨などを洗うと増えると伝えられていることから、銭洗弁財天(銭洗弁天)の名で知られる。

 

 

興味を持ったきっかけ

普段朝はゆっくり起きるのですが、今年になってからは珍しく早起きしているので、何とかその時間を活用したいと考え、散歩に行くことに決めました。

日頃の運動不足解消を兼ね往復2〜3時間以内、行ったことのない場所、ワクワクするような場所を調べた結果、銭洗弁財天を見つけました。

 

歴史

源頼朝が、巳年である1185年の巳の月(旧暦4月)巳の日に見た霊夢に従い、佐助ヶ谷の岩壁に湧く霊水を見つけ、そこに洞を穿ち社を建てて宇賀神を祀ったと伝えられる。

同じく巳年の1257年(正嘉元年)に、北条時頼がこの霊水で銭を洗って一族繁栄を祈ったのが銭洗の始まりだといわれる。

 

感想

「お金を洗う」という行為がとても新鮮かつ不思議な体験で、興味深い場所でした。

また往復2時間くらいなので、散歩コースとしてもちょうど良かったです。

ご興味ある方は鎌倉散策のついでに、ぜひ銭洗弁財天に行ってみることをおすすめします☆

 

 

ちなみに洗ったお金は使ってはいけないそうですが、僕は知らずにすぐ使ってしまいました。ご注意ください笑

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■