【ブログ】

ハンバーガーについて

こんにちは、関沢です。

今回はハンバーガーについて書いていきます。

 

ハンバーガーとは

焼いたハンバーガーパティを専用のバンズに挟み込んだサンドイッチの一種。

 

食べるきっかけ

年に数回だけ、無性にハンバーガーを食べたくなるときがあります。先日今年最初の周期が訪れ、横須賀のハンバーガーを食べに行きました。

 

横須賀のハンバーガー

横須賀はネイビーバーガーが有名です。もともとは米海軍の軍隊食で、艦船の見張り要員の食事であったネイビーバーガーのレシピを、友好の印として米横須賀基地から横須賀市に提供され、2009年1月から基地周辺のお店で、ご当地グルメとして販売されたそうです。

規定は、パテには赤身の多い100%の牛肉と牛脂を使用し、170グラム以上。トッピングには決められたものを使用(レタス・たまねぎ・トマト・チーズなど)。バンズの上には白ごまをのせ、食べる人がケチャップ・マスタードをつけることなどだそうです。

今回のハンバーガー

今回食べたのは、アボカドバーガー。とても肉厚ですがしつこさは全くなく、お肉と野菜両方の食感を楽しめて大満足です☆そしてボリュームもこれ以上食べられないくらいの量でした!

横須賀にはハンバーガーを食べられるお店がいろいろあるので、本場のハンバーガーを食べたい方は、一度行く価値はあるかもしれません☆

本日は以上です。ありがとうございました。

ハンバーガー

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

おすすめ映画のご紹介

こんにちは、関沢です。

今回は20代の女性のお客様に教えて頂いた映画の紹介です☆

おすすめ映画

湯浅政明監督「夜は短し歩けよ乙女」

ストーリー

所属クラブの後輩である「黒髪の乙女」に恋心を抱く大学生の「先輩」は、「なるべく彼女の目に留まる」ことを目的とした「ナカメ作戦」を実行する日々を送っていた。個性豊かな仲間が巻き起こす珍事件に巻き込まれながらめぐっていく、恋愛ファンタジー。

 

感想

次から次に進む展開に圧倒され、飽きることなく楽しめました☆主人公の女性の酒豪っぷりがすさまじいこと、登場するキャラが濃すぎること、見終わった後お酒をたくさん飲みたくもなる映画でした。

あと、この映画を教えてくれたお客様が、平然と10時間以上飲み、男性を圧倒することもあるという話をしてくれたため、まさにこの映画の主人公のような方でおもしろかったです笑

 

最後に

話し相手、愚痴聞きサービスをしていると、様々なお客様のおすすめ映画、音楽、食べ物、健康法などを教えてもらえることもまた楽しみの一つです。おすすめの趣味があれば、ぜひ教えて頂ければと思います☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

【あるご相談】恋愛で悩んでいる自分の気持ちを整理するための話し相手

こんばんは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については、了承を頂いています☆

 

悩み電話相談の内容

20代後半の女性、恋愛で悩んでいて、どうしたらいいのか分からなくなったので電話をしてみたとのことでした。

付き合って4年、お互い結婚を考えている彼について。最近の彼の発言から、だんだん不安になってきたそうです。メールをしても返信が遅い、会っても仕事の話ばかりで、忙しいと言いながら会社の人とは飲みに行っているのでイマイチ信用できない。

でも一緒にいるときは楽しいし、結婚の具体的な日取りや、式場選びも動いてくれたり、今月お互いの両親に紹介する予定も組んでくれたり。

自分のことをキープしているつもりだったら、そんな甘くはないと言いたいけど彼の気持ちはどうなんだろう、というお話でした。

何も知らない話し相手に自分の本音を話していくうちに気づいたこと

彼のことは好きだけど、彼の発言からとても心配になるときがある。でも行動は信用できるし、実際に一生懸命働きながらも将来のことも考えて動いてくれてると思うから、自分が寂しくて心配しすぎているのかもしれない、と話しているうちに自分自身で気づきました。

普段から自分も相手も大切に考えているからこそ、心配になってしまうときもあると思います。それでも彼の誠実な行動に気づけたことは、素晴らしいことだと思いました☆

最後に

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。恋愛、男性心理、気持ちの整理も含め、話し相手がほしいとき、愚痴を吐き出したいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています☆

本日は以上です。ありがとうございました。
■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

【あるご相談】仕事の契約を切られることになってしまった愚痴

こんにちは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については、了承を頂いています☆

 

悩み電話相談の内容

40代の主婦の方、事務職をしています。半年ごとの契約更新で、仕事を覚えるのは大変だけど、上司が丁寧に細かく指導してくれるので、とてもやりがいを感じていたとのことです。

ただ、数日前に突然部長から契約更新はないと言われ、その事実もショックでしたがそれ以上に、部長が上司に「◯さんは来月で辞めるから、教えなくていい」と伝えているのが聞こえたことがショックとのことでした。上司に申し訳ない気持ちと、最後まで仕事をやり切りたい気持ちの葛藤が辛い、というお話でした。

 

自分のことよりお世話になった上司に悪いと思ってしまう愚痴

この方は、常に自分より相手のことを考えるからこそ、葛藤を抱え、周囲には言えないけれど愚痴を言いたくなることがあるようです。

通常なら会社に対しての不平、不満が出てもおかしくはありませんが、それは一切出ないことから、この方がとても思いやりのある、優しい性格の持ち主ということが伝わってきました。また、だからこそどんな愚痴でも吐き出してストレス解消ができる、こういった窓口が必要なのかもしれません。

 

最後に

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。職場の愚痴、就職、転職の悩みも含め、話し相手がほしいとき、愚痴を吐き出したいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています☆

本日は以上です。ありがとうございました。
■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

おすすめの曲

こんばんは、関沢です。

今回は久しぶりに好きな曲について、書いていきます。

THE YELLOW MONKEY「NAI」

 

はじめて聴いたのは高校生の頃だった気がします。今でも無性に聴きたくなるときがあり、その魅力は何年経っても色褪せません。

印象

個人的には、なぜか悲しくて、切なくて、でも優しさに溢れていて、きりきり胸が痛む曲です。良い意味で。

そしてこの曲を聴くと、心から安心する自分がいます。僕の幸せの瞬間は、きっとこの歌詞のような気持ちになるのかもしれません。

 

お時間のある方は、ぜひ一度聴いてもらえたらと思います♫

 

本日は以上です。最後まで読んで頂いてありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

アサーションについて考える②

こんにちは、関沢です。

昨日はアサーションのタイプを中心に書きましたが、本日はアサーティブになれない理由について書いていきます。

アサーティブになれない理由

 

流れ

アサーションを身につけるまでの簡単な流れをまとめてみました。興味を持った方は、ぜひこの流れに沿って進めて頂ければと思います☆

1.アサーションのタイプを参考の上、アサーティブな行動ができているか振り返る

2.できていない点があれば、その自分に気づく

3.アサーティブになれない理由を理解する

4.アサーティブな表現法を学ぶ

5.日々少しずつ、変える努力をやってみる

 

 

アサーティブになれない理由

代表的な理由をいくつかまとめてみたので、ご参考にして頂ければと思います。

自分の気持ちが把握できていない:

怒っているのか、悲しんでいるのか、戸惑っているのかなど、自分の気持ちを把握することがアサーションの第一歩です。

結果や周囲、失敗を気にしすぎる:

大切なことは「自分の言いたいことが伝わるか」ではなく「自分の気持ちを適切に言えるか」です。気にしすぎの果てに周囲に理解されず、最終的には周囲に配慮せず当たり散らす場合もあります。

基本的人権を使っていない:

「自分のやりたいことを言うことは、人権として許される」という考えを基本に考える必要があります。

アサーションスキルを取得していない:

多くの対人スキルは子供時代に身につけることができますが、そのスキルを取得するチャンスがなかった人は、それを学び、訓練すればいいということになります。

 

最後に

以上アサーティブになれない理由についてまとめてみましたが、いかがでしょうか?僕自身どれも非常に当てはまるものでしたが、その中でも特に「結果や周囲、失敗を気にしすぎる」ことが日常生活では最も多い気がしました。

再度アサーションを身につけるまでの流れをお伝えすると、まず自分はアサーティブな行動ができているかを振り返り、できていない場合はその自分に気づき、アサーティブになれない理由が理解できた後は、アサーティブな表現法を学んでいきます。その方法については、また後日書いていきたいと思います☆

本日は以上です。最後まで読んで頂いてありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

アサーションについて考える①

こんにちは、関沢です。

今回はアサーションについて、書いていきます。

以前アサーションのポイント、スキルについて書いてみましたが、今回は再度アサーションをより掘り下げて、書いていきたいと思います。

アサーションについて

 

きっかけ

僕自身日々の生活の中で、言いたいことを言えず、困ってしまうことが多々あります。悪いのは自分?相手?両方?といろいろ考えてみても、答えはなかなか出ませんでした。
その中であるとき、誰が悪いわけでもなく、自分のちょっとした考え方や伝え方に原因があるのではないかと感じたとき、再度アサーションについて考えてみようと思いました。

 

アサーションの定義

自他尊重の自己表現。それは自分のことをまず考えますが、相手のことも配慮することです。

逆に考えると、自分や相手の権利を侵さない限り、自己表現をしてもよいという考え方でもあります。

 

アサーションのタイプ

厳密には相手によって場所によってタイミングによって、変わってくるとは思いますが、あなたはどれに最も当てはまりますか?ちなみに僕は、断然ノン・アサーティブです笑

ノン・アサーティブ(非主張型)

自分よりも相手を優先し、自分を後回しにするタイプです。自分の気持ちに不正直で、相手に対しても率直ではありません。そういった感情が爆発したとき突然攻撃的になったり、自分で責任を取ろうと我慢し続け、過度なストレスを抱える人もいます。相手は、最初は譲ってくれたことに感謝しますが、後で本心ではないと分かったときは、大きなショックを受ける場合があります。

当てはまる特徴:
引っ込み思案
卑屈
消極的
自己否定・他者肯定的
依存的
他人本位
相手任せ
承認を期待
服従的
黙る
弁解がましい

アグレッシブ(攻撃型)

相手よりも自分の意見を優先するタイプです。どこか防衛的で、必要以上に威張っていたり、自分の意見は通ってもその強引さのため後味が悪く、あとで後悔することもあります。相手は、傷つき、恐れ、敬遠し、怒りを感じ、復讐心を抱く場合があります。

当てはまる特徴:
強がり
尊大
無頓着
自己肯定・他者否定的
操作的
自己本位
相手に指示
優越を誇る
支配的
一方的に主張する
責任転嫁

アサーティブ

自分の気持ちを正直に表現でき、相手の意見も大切にするタイプです。双方の意見が合わないこともありますが、すぐに相手に譲ったり、同意させようとするのではなく、多少時間がかかっても意見を出し合い、双方にとって納得のいく結論を出そうとすることです。余裕と自信に満ちており、自分も相手もすがすがしく、さわやかな印象を与え、一人の提案より、満足のいく妥協案が探り出せる可能性があります。

当てはまる特徴:
正直
率直
積極的
自他肯定的
自発的
自他調和
自他協力
自己選択で決める
歩み寄り
柔軟に対応する
自分の責任で行動

 

最後に

今回はアサーションのタイプを中心により細かく書いてみましたが、いかがでしょうか。

また続きを書いていくので、少しでもおもしろいなと思った方は、できるところからアサーティブな表現方法を身につけて頂ければと思います☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

【あるご相談】不動産会社の営業職をしている愚痴

こんにちは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については、了承を頂いています☆

 

悩み電話相談の内容

30代後半の既婚男性で、不動産会社に勤務しています。仕事はとてもやりがいがあって、お客様と信頼関係を作り「あなたから買いたい」と言ってもらえることが何より嬉しいそうです。仕事内容は、主に年収2000万以上、現金で億のお金を支払える方が対象となるような、売買物件を中心に扱っているとのことです。

そのお客様の持論は、お金があるから偉いということはなく、逆にどんなにお金を持っていても、その場の雰囲気を悪くしたり、周囲を傷つけることを平気で言う方とは、決して打ち解けることはしないし、それでいいと思っているというお話でした。

 

職場では言いにくい愚痴

どんな方でも会社にとってはお客様、売上をあげないといけないことは分かっているから、自分の好き嫌い含めた考えを、職場の人にはなかなか言えないとのことでした。

でもお金があるからなんでも許されるとは思わない分、どうしても愚痴を言いたくなるときがたまにあるそうです。

社会人になり、家庭を持ち、会社からの期待、信頼、責任から、様々な葛藤を抱え、悩んでいる方も中にはいると思います。そんな方には、好きなときに、好きなだけ愚痴を言える場所も、ときには必要かもしれません。

 

最後に

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。職場の愚痴、就職、転職の悩みも含め、話し相手がほしいとき、愚痴を吐き出したいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

【あるご相談】就職活動の不安から話し相手がほしい

こんばんは、関沢です。

今回はあるお客様から頂いたご相談について、書いていきます。記載する内容については、了承を頂いています☆

 

悩み電話相談の内容

現在大学4年生、就活真っ只中の男子学生です。エントリーシートを出したり、面接に行ったり、その度に不採用通知(お祈りメール)が来て、落ち込んだり。

友達はみんな自分より先に進んでいる気がするから、弱音も吐けない。そんな中で一人孤独に戦わないといけないけれど、たまにはなんでも遠慮なく言える話し相手がほしい、そんなご相談でした。

 

友人だからこそ弱音を言えないとき

気を許せる友達はいい意味でライバル、負けたくない気持ちがあるからこそ、愚痴や弱音や辛い気持ちをなんでも話すわけにはいかないときもあると思います。

また、ときにはその意地だったり、負けたくない気持ちが自分を次のステージに上げてくれるきっかけにもなります。ただ、無性に話し相手が欲しいとき、そっと寄り添って欲しいとき、遠慮なく気持ちを吐き出すことで、また明日も頑張ろうと思えるときもあります。

最後に

そういったお話も、ノーベルライフでは心から寄り添って聴かせて頂きます。新社会人を目指すためのはじめての就活や、心機一転の転職活動を進める中で、毎日必死に頑張っている自分をねぎらいたいとき、話し相手がほしいとき、気軽にお電話頂けるのを心からお待ちしています☆

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■

こんばんは、関沢です。

今回は久しぶりに猫について書いていきます。

 

猫について

書かなくなった理由

単純に猫と接する機会が減り、書けなくなりました。以前は近所の飼い猫ゆめちゃんが頻繁に遊びに来たため、ネタは尽きなかったのですが、僕が引越ししたことで接することがなくなり、猫に触れる機会もなくなってしまいました。ちなみにゆめちゃんはこんな猫です。

近所の飼い猫

 

実家の猫

どうしても定期的に猫に関わりたいときは、実家の猫に接します。この猫とは相性でいうと決して良くはないのですが、やはり猫は好きです笑

実家の猫

 

猫の魅力

全て自分の機嫌次第で行動し、機嫌が悪ければどんなにこちらが下手に出ても懐かないところ、お腹が空いたとき、自分が甘えたいときはこちらがもういいと思ってもおかまいなしにすり寄ってくるところ、よく眠るところなど、あげればきりがありません笑

 

最後に

そんな自由気ままな猫に接していると、日々周囲に対して気を遣い、様々なしがらみを抱え、葛藤しながら暮らしている自分に「そんなに考えないで大丈夫、自分の生きたいように生きればいいんだよ」と勇気をもらえるのかもしれません。

もしくは僕の中で猫に対して、とにかく自由気ままな象徴として捉えている面が、強すぎるのかもしれません笑


今回は久しぶりに実家の猫に接して思ったことを、書いてみました。

本日は以上です。ありがとうございました。

■■■■■■■■■■■■■
話し相手、愚痴聞きサービスのノーベルライフ
代表 関沢啓二郎
簡単な経歴:
自分の話をするより人の話を聴くことがもともと得意。あるきっかけから傾聴、心理、カウンセリングに興味を持ち、2015年「愚痴聞きサービス」ノーベルライフを設立。詳しいプロフィールはこちら
愚痴を言いたいとき、話し相手がほしいとき、いつでも気軽にお電話頂けるのをお待ちしております♪
■■■■■■■■■■■■■