梅雨

こんばんは、関沢です。

毎年梅雨の時期に感じることを
今日は書いてみようと思います。

 

梅雨時は毎日ジメジメして
湿気もどんどん増えていきます。

洗濯したものが乾きにくかったり
布団が重く感じたり
そんな気持ちで過ごしていると
気持ちまで重たくなってきます。

なんで梅雨があるんだろう?
雨で体が濡れることがすごく嫌い。
今の時期はいいことなんて一つもない。

そういった負のスパイラルにはまると
なかなか抜け出すこともできません。

 

そんな気持ちを抱えたとき、乗り越えるため実践している方法があります。

梅雨時は毎日ジメジメしているのは、当然。
湿気も、どんどん増えていくもの。
洗濯したものは、乾きにくい。
布団は、重く感じる。
気持ちは、重たくなっていく。
梅雨は、あるもの。
今の時期はいいことなんて一つもない、と感じる。
雨で体が濡れることがすごく嫌い、と感じる。

 

ただ受け入れる、というシンプルな方法。

目の前で起こること
特に自分が嫌だと感じることを
そのままの気持ちで受け止めます。

現実の問題は解決しませんが
それによって
ほんの少しだけ、心の片隅に
余裕を持つことができます。

梅雨を乗り越えるための
ちょっとした受け止め方の工夫でした。

 

本日もありがとうございました。
失礼します。

料理9

こんばんは、関沢です。

今回は料理の紹介です。
「アジのなめろう」

S__3719241

アジの語源・由来
アジの語源は「味」でその味の良さをほめて名付けられた。漢字の「鯵」は元は魚偏に「操」だった右側の字を日本人が「参」と書き間違えたもので、「参る」の意味に関係するものではない。

意味はともかく
魚料理が好きな僕としては
いくら食べても飽きない大好物の一つです。
S__3719242
三枚に捌いて

しょうが、ミョウガ、味噌と共に
細かく叩く
個人的には少し粗めがちょうどいい。

手間は少しだけかかりますが
その分食べたときの美味しさは
なかなか他では味わえません。

S__3719243

夏バテに備えて

栄養を補う意味でも

青魚を食べて

元気を蓄えようと

思います☆

 

本日もありがとうございました。
明日も良い1日をお過ごしください☆

話し相手がほしい

こんばんは、関沢です。

普段生活している中で「話し相手がほしい」と感じることはありますか?今日はそんなテーマで書いてみます。

 

日常生活の話し相手

子供、旦那、両親など家族との会話
恋人との会話
職場の同僚、上司、部下との雑談
ママ友との世間話

ご近所さんとの井戸端会議
飲み屋の常連さんとの会話
気を許せる親友との会話

普段人と接する機会が多い方、少ない方様々いらっしゃるとは思いますが、ノーベルライフでは「身近にいる人ほど本当に話したいことをなかなか伝えられない」といったご相談を頂くことが非常に多いです。

身近な人に話せない理由

ご相談を頂く中で、身近な人に話せない理由として多くお聞きする内容を下記にまとめました。

否定されることが怖い
約束しても周りにしゃべってしまう
こんな悩みを抱えていると思われたくない
理解してくれない
ただ話したいだけなのに意見を押しつけられる
話好きは多いけど聞き好きはいない等

そんな中、うちに溜めて誰にも言えずに我慢している人がとても多いと感じるのが現状です。話し相手がほしいと感じる気持ちは、自分自身がこれ以上我慢したくないというサインなのかもしれません。

 

話し相手サービスとは

どんな悩みも否定しないで聴く
決して周りに漏れることがなく安心して話せる
意見を押しつけずにじっくり聴く
話をするより聴くことを重視する

ノーベルライフでは「話し相手サービス」をそういった認識で捉えています。

 

話し相手がほしい方に向けて

話し相手がほしいけれど
話したい気持ちより不安な気持ちが大きい方
最近好きなことを好きなだけ話せていない方
人の話はいつも聞くけど自分の話したいことは我慢している方
どうしても周りに気を遣って自分のことを後回しにしてしまう方
身近な人には言えない悩みを抱えている方

どんな方でも話し相手がほしいと感じた際は、気軽にお電話頂ければと思います。ノーベルライフでは心を込めて、お話を聴かせて頂きます。

本日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。失礼します。

習慣

こんにちは、関沢です。

今日は「習慣」について書いてみます。

 

ノーベルライフのスタッフそれぞれが
毎日必ず行っている「習慣」があります。
それは「グッドネスシート」というものです。

昨年12月から始めてちょうど半年ほど経過しています。1日の最後にどんな日だったかを振り返り、良かったことやチャレンジしたことを3つ記載します。

書く内容は本当に何気ないことです。

そして書いた内容は
全スタッフが閲覧できるようになっています。

ただ、1日3つ良かったことを作成することは慣れるまでは全員が苦労したことです。その苦労の甲斐もあり、どんな事柄からも良かったことを見つけたり毎日続ける継続力を養うことにもつながりました。

僕はそれぞれが書いた内容が面白かったり、それぞれがどんな1日を過ごしたかを知ることが、単純に楽しくて続けられています☆

 

「習慣」に対する個人的な捉え方は
「楽しいから続けられる」

そんな「習慣」を日常に取り入れることも
おすすめの過ごし方の一つです。

 

今日はそんな日常の「習慣」のご紹介でした。
最後にある日のスタッフそれぞれの
「グッドネスシート」の内容を抜粋します。

今週も1週間よろしくお願いします☆

 

桜井
・朝の鳥さんの声に癒される
・紫陽花が咲いた
・一番好きな花

志賀
・緑の中で風が気持ち良かった
・チャーハンでお腹いっぱい
・夜歩いて気持ち良かった

高吉
・金曜日に肉を買うと安い
・家族が集まると話が盛り上がる
・運動ができている

関沢
・夏の過ごし方に想いを巡らせる
・アイスを食べる幸せ
・Tシャツですごすのは気持ちいい

ことわざ

こんばんは、関沢です。
今日はふと気になったことわざについて書いてみます。

 

「情けは人の為ならず」

「情けは人の為だけではなく、いずれ巡り巡って自分に恩恵が返ってくるのだから、誰にでも親切にせよ」という意味です。

もともとの自分の解釈は別でした。
人に情けをかけることは、相手のためにならないのでかけるべきではないという解釈で、それは極端にいうと人に対して親切にしない方が、結局は相手のためになるという解釈をしていました。

 

ただ実際は逆で、人に親切にしたことはいつか自分に返ってくるのだから、もっと多くの人に親切にした方がいいというもの。

もちろんいつでも誰に対しても、親切に接することができるわけではありません。
「疲れているとき」
「悲しいことがあったとき」
「イライラしているとき」
「困っているとき」
「元気がないとき」

どんなときでも親切に接することはとても難しいと感じます。

ただそんな中でもいつかは自分に誰かから親切が返ってくると思うことで、普段より少しだけ人に親切にできればいいなと考えました☆

 

今日のブログは以上です。
失礼します。

ケーキ

こんばんは、関沢です。

今日はお休みを頂きました。
そこであるカフェで食べたケーキを紹介します。

 

僕は甘いものがとても好きです。
といっても毎日は食べません。

休日だったり。
嬉しいことがあったり。
頑張ったご褒美だったり。
疲れているときだったり。
気分転換をしたいときだったり。

 

ケーキでなくてもどんなものでも
日常生活にほっと一息いれる瞬間は
とても大切なものだと思っています。

そんな時間を持つこともおすすめです☆

 

今日のブログは以上です。
良い週末をお過ごしください☆

S__3711008

生い立ち8

こんばんは、関沢です。

今日は生い立ちの続きで
バスケットボール部について書いてみます。

 

高校入学後、部活と勉強に打ち込む生活が始まり、朝早くから夜遅くまでバスケをし続け毎日楽しくとても充実していました。

が、問題が一つだけあり
それは部員が4人しかいないこと。
バスケは5人必要です。

 

どれだけ練習しても
そのままでは試合ができないため
試合になると部活に入っていない
バスケの得意な友人を呼びます。

その状態が1年続き、実際に試合になるとどうなるか。ファウルを5回してしまうとその選手は退場になります。1人欠けた状態で4人で試合をしたことも数回。

また基本的に4人で練習し続けるため
試合形式の練習ができず
その地域で最下位から一つ上
というとても苦しい状況でした。

 

4人しかいない、練習もとても疲れる、実力は最弱。一般的に考えたらとても楽しさは感じられない部活です。

でもそんな中でも楽しかったのは
一緒に目標に向かう仲間がいたからです。
どんな悪条件でも
その仲間と過ごした貴重な時間を考えると
部活に入ってよかったと心から思います。

 

今日のブログは以上です。
では失礼します。

散歩

こんばんは、関沢です。

今日は「散歩」について書いてみます。

 

散歩は日中行うことが多いのですが
まれに夜の散歩に出かけます。

夜の散歩に特別な意図はありません。
夜風を浴びたくなったとか
そんな軽い気持ちです。

向かう先はその都度その都度異なりますが
今回はとしまえん。
S__3694605としまえんは1926年に開園した
東京都練馬区の
遊園地。

夜の人気のない遊園地は
それ自体がお化け屋敷のような佇まい。
もちろん中には入れません。

日中多くの人でにぎうからこそ
夜になって閉館するととても静かで寂しげです。
でも遊園地のワクワク高揚する感じは
夜でもちゃんと伝わりました☆

としまえんをあとにして
ただもくもくと目の前の夜道を突き進む。

居酒屋から漏れる喧騒やすれ違う人々の話し声。
ひっそりと静まり返った夜の中では
そんな音もBGMとして心地よく響きます。

五感を研ぎすませて、一歩一歩確かめながら。

夜の散歩の楽しみは
日常生活であまり意識しない感覚を
最大限発揮できることにあるのかもしれません☆

今日のブログは以上です。
おやすみなさい。

愚痴聞きサービス

こんばんは、関沢です。

今日のテーマは「愚痴聞きサービス」について。

 

  • 「愚痴」の意味

まず「愚痴」の意味から調べてみたいと思います。
「言ってもしかたがないことを言っては嘆くこと」
「心性が愚かで、一切の道理にくらいこと。心の迷い」
「無知によって惑わされ,すべての事象に関してその真理をみない心の状態」

  • 「愚痴」を言うことのデメリット

ネット上には「愚痴を言うことは良くない」という見方がとても多く存在します。そこで「愚痴」を言うことのデメリットをまとめると、以下のような内容になります。
「どんどんネガティブな方向に進む」
「問題解決しない」
「無駄な時間を過ごす」
「相手に苦痛を与えるため友人がいなくなる」

解釈は様々ありますが、意味も含め「愚痴」に対するマイナスイメージはとても強くあるようです。ただその実態がある中で、電話の愚痴聞きサービス含め、愚痴掲示板、愚痴聞きアプリ、愚痴を聞いてくれる人工知能の開発など、世の中から愚痴に関連するサービスがなくならないことも事実です。

 

  • 「愚痴」を言うメリット

今後は、「愚痴」を言うメリットを考えてみます。
相手から「ストローク」(人の存在や価値を認めるための言動や働き)を受けることで、欲求を満たせる
感情を打ち明けることで「カタルシス(鬱積した感情や葛藤を表現することにより発散すること)」が得られる
人に話すことで、自分の頭の中が整理できる。

こういった効果は他ではなかなか得られないとても貴重なものだと感じました。

 

  • 愚痴、悪口、陰口の境界線

「愚痴」にはデメリットとメリットが存在するようですが、さらに気になったのは、愚痴、悪口、陰口の境界線はどこにあるかということです。
悪口とは、他人のことを悪くいうこと。
陰口とは、当人のいない所で言う悪口。
個人的に、愚痴、悪口、陰口の境界線は相手の受け止め方になると感じます。相手が話を聞いたとき、どう受け止めるか。愚痴を聞くデメリットにもつながりますが、多くの人にとって愚痴を聞き続けることは苦痛を伴う作業になりかねません。

 

では自分が愚痴を聞くことが嫌だから、愚痴を一切言わずに過ごすことは可能か。僕はとても難しいと感じます。仮に口に出さずに過ごすことはできたとしても、心の中に疲れ、不平不満が蓄積され、どこかで発散しないことには解消されないと感じるからです。

 

  • 最後に「愚痴聞きサービス」を活用した場合

「ストローク」を受けること
「カタルシス」が得られること
話すことで頭の中が整理できること
さらにデメリットとして上がった、相手に苦痛を与えるため友人がいなくなるということが解消されます。それは一定の教育を受けたスタッフがお客様のお話を否定することなく、共感し、寄り添い受け止め続けることが可能だからです。

ノーベルライフではそんな「愚痴聞きサービス」を心を込めて提供させて頂きます。

 

長文になりましたが最後まで読んで頂いてありがとうございました。では失礼します。

銭湯【関沢】

こんばんは、関沢です。

以前「サウナ」の記事を書きましたが、先日銭湯に行ってきたので今回はその記事を書いてみます。

 

向かった一つ目の理由は
単純に肩こりが取れなかったから笑

個人的にマッサージや整体は
なかなか気軽に行きにくく
自宅ではシャワーが多いため
ゆっくりお湯に浸かるには
「銭湯」はとても手軽です☆

あともう一つ
「頭の中をすっきりさせたくなったとき」
僕はふらっと銭湯に向かいます。

考え事や悩み事、約束事や仕事の事
たまには考えなくていいと言い聞かせても
頭の中では常にぐるぐる回っています。

そんなとき「銭湯」に行くと
ふっと無心になれた瞬間と
はっとひらめきが生まれる瞬間が
たまにあったりすることが
とてもリラックスする理由です。

考えすぎて困ってしまう
答えが全くわからない
そんなときには「銭湯」に
立ち寄ってみることもおすすめです

 

 

今日のブログは以上です。
おやすみなさい☆