感謝【関沢】

こんばんは、関沢です。
すっかりブログが遅れてしまいました。

 

今日は「感謝」について書いてみます。

「感謝」の意味を調べてみると「ありがたく思って礼をいうこと。心にありがたく感ずること」とあります。今回は、ノーベルライフスタッフの高吉、志賀、桜井に向けて「感謝」を伝えたいと思います。

 

一緒に仕事をしている以上業務的なやり取りはあっても、実際に「感謝」を伝えることはほとんどありませんでした。ときには忙しさを言い訳に、心のどこかでイライラしながら接することもあります。でも実は今の自分を支えてくれているのは、一番身近にいる仲間であるスタッフになります。

 

それは
疲れて物事を考えられない場合でも、辛抱強く寄り添ってくれる仲間
悩み抜いた末に迷い相談すると、慎重に受け止めその答えの後押しをしてくれる仲間
誰よりも頑張っているのに、誰よりも感謝の気持ちを持ってくれる仲間
お互い余裕がない中でも気遣いを忘れない仲間
誰よりも仲間のことを考え、想い、見守ってくれる仲間
感謝の気持ち、言葉をしっかり口に出して伝えてくれる仲間
体を気遣ってくれる仲間
ノーベルライフを真剣に考えてくれる仲間
否定されることを恐れず良くないことは良くないと言ってくれる仲間など、様々な形で支えてくれています。

 

「感謝」はその場では気づかず後々振り返って認識できることも大いにありますが、同じ出来事でも全く気づけない場合があります。

僕は自分自身の身体や心が疲れている、余裕がないときほど、目の前の「感謝」を見落としてしまう場合が多々あります。

そんなときには、立ち止まって、振り返って、今自分の周りにいる人への「感謝」の気持ちを確認することで、気づけることもあると感じています。

その結果今回気づけたことは、今自分がいられるのは高吉、志賀、桜井に支えてもらえているからということ、僕が居場所を作ってもらっているということでした。それは何度伝えても伝えきれないくらい、心から「感謝」しています。

 

本日も最後まで読んで頂いてありがとうございました☆失礼します。

喜怒哀楽【関沢】

こんばんは、関沢です。
朝晩はまだ少し冷え
ますね。

 

今日は「喜怒哀楽」について書いてみたいと思います。

「喜怒哀楽」とは人間のもつ様々な感情。喜び・怒り・悲しみ・楽しみの四つの情のこと。

以前ある職場で、周りの人からこう言われたことがあります。
「関沢さんは感情を出さないから信用できない」

当時を振り返ると自分なりの理由がありました。それは腹立たしいことがあったとき、相手にその感情をぶつけてしまうと結果的に仕事が円滑に進まないと考え、我慢していたからです。

今振り返ると、周りの人の言葉はその通りだと感じます。

それは当時の自分は「怒りの感情」を押し殺すことで同時に「喜哀楽の感情」も失っていたことが考えられます。また心の底では嫌われたくないと思ってはいても、結果、嫌われる方向に進んでいきました。

その点からどうすれば「喜怒哀楽」を表現できるのか考えてみました。

 

嬉しいことや楽しいことがあったら、なるべく多くの人に言語に表して伝える

哀しいことがあったらごく一部の親しい人に打ち明ける

怒りがこみ上げてきたら、自分の中で我慢ばかりするのではなく周りの人に伝える

もちろん伝え方も重要ですが、いい面も悪い面も伝えることで「この人はこういう人なんだ」と信用してもらえる。「喜怒哀楽」をそんな捉え方によって、伝えていくこともありかもしれません。

明日も良い週末をお過ごしください☆

好きな食べ物【関沢】

こんばんは、関沢です。

今日は好きな食べ物をご紹介したいと思います。

 

僕は何より魚が好きです。それは生まれ育った場所が海の前だったことが理由の一つとして考えられます。

小さい頃から両親がよく魚を食べており、印象に残っているのは酒のつまみとして食卓に並んだ魚でした笑

そして青年期に入り通ったのは近所の魚屋さん。

特に好んで作ったのは
アジやサバの酢〆
イカの塩辛
春ガツオの刺身
ヒラメの昆〆
カサゴの刺身
80センチほどのメジマグロ
金目鯛の煮付けなど

 

僕にとって食べることはもちろんですが、作る楽しさもとても重要です。それは、自分が夢中になれることだからです。

夢中になることは、時間を忘れて没頭し、何よりその時間を過ごしている間とても楽しいと感じることだと捉えています。

そんなついつい夢中になってしまうことが、毎日をより充実した時間に、変えてくれるかもしれません☆

 

本日もありがとうございました。
おやすみなさい☆

恐竜【関沢】

失礼します、関沢です。
昨日の遅れもあるため連続投稿になります笑

 

先日、上野で行われている恐竜博2016にいってきました。そのイベントは定期的に行われており、僕は初めて行ったのですが友人は複数回行っているとのことでした。

単純に恐竜が展示されているシンプルなイベントだと考えていましたが、想像以上に興味深く、その実態の多くは未だに謎に包まれていて毎年様々な発見があるそうです。

今回は史上最大の肉食恐竜スピノサウルスの全身復元骨格が展示されていました。スピノサウルスは恐竜で初めて水中にまで行動範囲を広げていた可能性があり、全長約15mもある恐竜です。

個人的に興味を持ったのは恐竜が生存していた背景。

恐竜が生息していたのは、今から約2億5217万年前から6600万年前。現在分かっている範囲で、一番大きな恐竜は35mもしくはそれ以上。重さでいうと80トン以上という予測もあり。そんな生き物がそこら中に存在している恐怖。はるか昔に長期に渡り存在した生き物が絶滅した事実。それが化石となって今も残っていること。

そんなことを想像するとワクワクします。

 

今日はそんな恐竜のお話でした笑

明日も充実した1日をお過ごし下さい☆

S__3661921

S__3661915

偉人の言葉2【関沢】

こんばんは、関沢です。

すっかりブログが遅れました。今月最初のブログは偉人の言葉にしたいと思います。

 

松下幸之助
「自らも楽しみ人々にも喜びを与える。大切な人生をこうした心構えで送りたい」

この仕事に関して、自分自身が楽しむこととは全く別という解釈もあります。傾聴サービスは、あくまでお客様のお話を聴かせて頂き、寄り添っていくこと。自分が楽しむことは自分の気持ちであり、お客様に寄り添う妨げになってしまうことも考えられます。

その考え方とは別に、自分自身が人生を楽しまないと人々に喜びを与えることはできないという気持ちもあります。それはノーベルライフが「働く人の幸せ」という理念を掲げている部分と共通しています。

「お客様により幸せになってほしい」
そのためには
「働く人が幸せになる必要がある」
そのためにまず
「自分自身が楽しく過ごすこと」

今回は、松下幸之助さんの言葉をそういった解釈で捉えました。

「よりお客様に喜んでもらうためには何が必要か」
「働く仲間の幸せは何か」
「自分にとっての幸せ、喜びはどんなことか」

松下幸之助さんの言葉をお借りして、今後もより深く突きつめて考えていきたいと思います。

 

今月もよろしくお願いします。
では失礼します。

体感時間【関沢】

こんばんは、関沢です。

5月もついに終わりました。
今日は思うことを綴ってみたいと思います。

 

年々時間が過ぎるのが、とても早く感じます。
10代20代と比べた際、やはり30代がとても早く感じ、またより歳を重ねることで、より早く感じていく気もしています。

 

ジャネーの法則によると、主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるとのことです。例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどですが、5歳の人間にとっては5分の1に相当するという考え方になります。

 

それは何であれ、人生における時間が減っていっていることは紛れもない事実と捉えることにしています。

 

月末に思ったことは、いかに自分の人生における時間を大切にできるかということ。今年もあっという間に5ヶ月が過ぎて、まだまだできていないこと、中途半端になっていることが多々あります。

ジャネーの法則に当てはめると、年々記憶される年月の長さは短くなるため、1年間、1ヶ月、1週間と細分化していくと、二度と返ってこない今日という日を大切にしたいと感じました。

みなさんにとっても
今日という大切な日が何より充実するように

振り返ったとき
本当に意味のある日だったと思えるように

心から願いします☆

今月も最後までご覧頂き本当にありがとうございました。来月もよろしくお願いします☆では失礼します。

生い立ち7【関沢】

こんばんは、関沢です。
今日は生い立ちの続きを書いてみます。

前回は高校受験について書きましたが
今回はついに高校生活に入っていきます。

高校には自転車で20分〜30分、小学校、中学校、高校と一本道で進んでいくため変わった景色は特にはありません。

淡々と通い始めた高校ですが、まず決めたことは野球をやらないということでした。今までみんながやっていたから、という理由のみで続けてきた野球よりも自分の意思で決めること。

そこで興味を持ったのがバスケットボール。遊びでしかしたことはなかったのですが、最終的に自分で決断してバスケ部に入部しました。結果、入った当初から卒業までずっとスタメンで試合に出続けることができました。

勉強も受験失敗した反省から1年の頃から地道に続け、学年でベスト5に入るくらいの成績を維持することができました。

自宅から通いやすい場所
自分の意思で選んだバスケ部でレギュラー
勉強は学年ベスト5に入る成績

順風満帆な学生生活に見えますが
一つだけ問題がありました。

 

それは、その高校は地域でも有名な不良高校だったこと。

入試をほぼ白紙で提出して受かってしまうような高校、入学式で目撃した1人対複数の喧嘩、バスケ部の先輩は僕らが入学する少し前に飲酒事件を起こし全員退部となった結果部員が0だったこと、勉強も優秀というよりやらない人が大半のため少しやればとても優秀な成績が残ること。

よって、全く順調ではない環境での高校生活がスタートしました笑

続きはまた次回に☆

おやすみなさい。

音楽2【関沢】

こんばんは、関沢です。
今日はある曲をご紹介したいと思います。

安東ウメ子「ペカンペ ウク」

安東ウメ子さん(1932年11月20日‐2004年7月15日)は、北海道帯広市フシココタン出身のアイヌの音楽家です。

初めて聴いたのはもう10年以上前でした。当時聴いた印象は、日常とは異なる不思議な世界観で、何度も繰り返し聴いた記憶があります。その後音楽を聴く機会が減り忘れていたところ、今回整理していたCDの中から見つけて思い出しました。

ゆったりとしたリズム、安東ウメ子さんの柔らかい歌声、トンコリ(アイヌに伝わる伝統的な弦楽器)の優しい音色。今改めて聴いて、心からリラックスできたのでアップしてみます。

この曲は「ペカンベ ウク」という曲名で
菱(ひし)という水草の実採りの歌です。

 

最後に歌詞カードに載っていた
説明を合わせてご紹介します☆

その年によって採れる日が違うんだ。気候がよかったから早くとれた。丸木舟に乗ってやった。私のおばあちゃん舟こぐから「行くか」って言うので私もやったよ。

今日もありがとうございました☆

あるお客様【関沢】

こんばんは、関沢です。

今日はあるお客様について書いてみます。
本人の許可を頂いているわけではないので
名前は「Kさん」としたいと思います。

 

はじめてお電話を頂いたのは昨年12月
ノーベルライフにとって
実はとてもつながりの深いお客様の1人です。

はじめてお電話を頂いてから今に至るまで、「志賀」「高吉」「関沢」「桜井」とまんべんなくお電話を頂いている方になります。

頻度としては毎日いずれかのスタッフへ、多いときは1日に複数回それぞれのスタッフにお電話を頂いたり。

ときには厳しいお言葉も頂きました。
お客様対応について
サイト作りについて
スタッフ管理について
ノーベルライフのあり方について

今でも至らない点は多々ありますが、Kさんの言葉によって改善できた点は多々あります。

僕は実際にお話しさせて頂いた頻度は多くはありませんが、スタッフの成長含め今のノーベルライフがあるのはKさんから頂いた様々なアドバイスのおかげだと認識しています。

 

今は頻繁にお電話を頂くことはありませんが、何より強く深い愛情をノーベルライフに注いで頂いたKさんに、感謝の気持ちを忘れることは決してありません。

これからもKさんに望んで頂ける限り、ノーベルライフ一同、末長くお付き合いをさせて頂きたいと願っています。

 

また今後も可能な限りノーベルライフに関わったお客様を、このブログでご紹介できたらと思っています笑

 

最後になりますがスタッフ一同、Kさんの幸せを心よりお祈りいたします☆

今日のブログは以上です。本日も最後まで読んで頂いてありがとうございました☆

好きなことをする【関沢】

こんばんは、関沢です。

今日は「好きなことをする」というテーマで書いてみます。

「好きなこと」と聞いて連想するものはありますか?

散歩、買い物、お酒を飲む、ラーメン屋巡り、
ドライブ、温泉、ゲーム、友人と過ごす、テレビ、スポーツ観戦、映画鑑賞、読書。人と同じである必要はないですし、誰かと競う理由もありません。

僕はブログで「好きなこと」を書いています。
同じ時間を過ごすのであれば
嫌なこと、退屈なこと、悲しいことよりも
どうせするなら好きなこと
どうせするなら楽しいこと
どうせするなら嬉しいこと
日々過ぎていく日常をそう捉えています。

 

その中でどうしても避けられない困難、仕事、家族、人間関係、恋愛、病気等、人生のどこかで、様々な形で、繰り返し訪れることを止めることは誰にもできないとも思います。

ただ、人生におけるそれ以外の時間
自分自身で管理できる時間は
「好きなこと」をして過ごしたい。
またそういう過ごし方をしている自分が
おそらく一番好きな自分だと感じています。

よかったらそんな「好きなこと」を、ぜひみなさんも大切に過ごして頂ければと思います☆

 

今日も1日お疲れさまでした。
おやすみなさい☆