とうきょうさんぽ「谷と尾根を行ったり来たり」park5

公園男です。

コンクリートで固められた用水路を上流に向かって歩いていると…

image

やがて、ミドリくさい苔の香りがただよってきました。

image顔を見上げると、いつのまにか森の中。

image

ご親切に歩きやすいウッドロード。途中で外国のおじさん達が揃いも揃って昆虫採集をしてました。

image

坂道、白いコンクリートの道が歩くスピードを早めてくれます。

緑と白の構図が目に優しく、とてもキレイでした。

どこに辿り着くのかわからないけど、信じて歩きます。

image

まだ、頂上までの道のりは続いていましたが、今回は、満足できるのはこの8合目と察知。

ここで、コーヒーでひと休み。

川をはさんで、向こう側にかすかに見える中央線。

電車の音が聞こえそうで聞こえない。

どんなに汗をかいていても、木に囲まれているだけで、涼しいきもちになれます。

image

 

長沼公園

京王線長沼駅から徒歩5分

とうきょうさんぽ「聖蹟 on 桜ヶ丘 」park4

こんにちは。公園男です。

今回は聖蹟桜ヶ丘。いつも電車で通るたびに聖蹟ってなんなんだと思い、気になって電車を降りました。

原っぱの公園を通り過ぎて、小さな山を登ると、記念館が見えてきました。

image

聖蹟とは天皇が行幸なされた土地のことで、明治天皇が兎狩り、鹿狩りやアユ漁をおこなったそうです。

残念ながら休館日で、誰もいない西洋建築がポツリと建っているだけでした。

耳をすませば、葉っぱと枝がこすれる音、ホトトギスの鳴き声、踊っているような風が通り抜ける場所でした。

その聖蹟から歩くこと10分、丘の上の公園に着きました。

image

立川、府中の町を見おろせるワイドな景色。

image

この丘の中腹に1本の木がさみしそうに立っています。

この木はこのワイドな景色を独り占めしているようです。

この木の下から見える多摩の夜景はキレイなんだろなと思いました。

image

 

桜ヶ丘公園

京王線聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩30分

とうきょうさんぽ「田園」park3

image

よくある田舎の風景のように見えますが、渋谷から2駅、都会のど真ん中から、そう遠くない公園。

狭い原野にしきつめられた田んぼ。東京でないようで東京のような空間。

カタンコトン、電車の音、響きます。

狭い水路、涼やかな水がソウソウと流れ。

ガタンゴトン、田舎のようではなく、せわしく現れる電車。

原小風景を感じられる場所です。

 

駒場野公園

京王井の頭線

駒場東大前駅から徒歩1分

とうきょうさんぽ「cemetery」park2

こんにちは、公園男シガです。今回は公園ではありません。少し季節がズレましたが、先月末歩いてると、桜に遭遇しました。けっこう遅くまで桜見れるもんなんですね。

image

バックにはあの大きな六本木のビルが見えました。

image

真っピンクの桜は見てると、心がスゴくあたたかくなります。

青山霊園

乃木坂駅から徒歩10分

とうきょうさんぽ 「雨桜」park1

こんにちは、公園男シガです。5歳の時から、重度の花粉症で、春はかなりコテンパンにやられます。

今まで桜をろくに見たことがなかったので、先週、被害の少ない雨の日にしっかりと花見に行ってきました。
image

 

ひきの遠目だと、全体的にうっすらピンクの印象でしたが…

image

 

桜の花って、よく見ると、白やらピンクやら赤やら黄やら緑色、いろんな色で構成されてるんですね。

image

 

雨で、すっかり地面は散花だらけ。
image

 

さすがの雨で、公園には誰1人いませんでした。

image

家から持参した温かいコーヒーを飲みながら、ゆっくりと花を見ました。

春の寒夜空の下でワイワイガヤガヤとお酒を飲むのも楽しいですが、雨の日の桜もしんみりとしていいもんですね。

 

駒場公園

京王井の頭線駒場東大前駅から徒歩約5分