【仕事について】

【ストレスチェックについて】
厚生労働省により2015年12月から労働安全衛生法の一部を改正する法律により、ストレスチェックを義務づける制度を導入することが決定しています。ストレスチェックとは、労働者の心理的な負担の程度を把握するための医師又は保健師による検査を指します。それは客観的にみると、国がより働きやすい職場環境にするための施策を打ち出してくれていると捉えることができます。
 ただし、ストレスチェックの精度、健康問題を抱えた労働者への療養の手続き、あるいは職場復帰の流れなど、様々な問題が存在するのも事実です。その中でも現状における最も大きな問題は「プライバシーが守られるか」という点であると考えています。仮に、通常勤務に支障をきたすほど辛い中自ら声を上げた場合に
、上司や部署、職場の理解を得られるかどうか。それは個人のプライバシーの尊重であり、安心感を持って一時的にしろ職場を離れることができるかどうかは、その「プライバシーが守られるか」という点に深く関わってまいります。
 また今後施行されるストレスチェックの意図が早期発見、早期治療であると考えた場合、まず職場に関する様々な不安、問題を自身で認識することは必要不可欠となります。当サイトはプライバシーの徹底管理を行うこと、問題の早期発見、早期治療のお手伝いをさせて頂くことを軸にサービス提供をしてまいります。どういったご相談、ご質問でもお聴きしますのでお気軽にご連絡頂ければと思います。

【業務面】
休みが全く取れず辛い。
暇すぎる、もしくは忙しすぎる。
地方へ転勤を命じられたが単身赴任するべきか、家族を連れて行くべきか悩んでいる。
安月給で家族を養うことができない。
残業が入社した当時の話とかけ離れすぎている。
メンバーのまとめ方やマネジメントができない。
スキルアップしたいのに単純作業ばかりでできない。
キャリアの方向性がはっきりしない。
どんな資格を取るべきか悩んでいる。
仕事がうまくいかない。

【人間関係】
先輩、後輩、同僚とうまくつきあえない。
上司と喧嘩をし次の職場を決めないで会社をやめてしまった。
同僚達から仲間はずれにされる。
部下をうまく叱ることができない。
職場の人間関係が悪く、ストレスが溜まっている。

【転職】
転職したいが迷っている。
転職に失敗した。
起業を考えている。
現在無職で思うように転職活動が進まず困っている。

【メンタル面】
転職間もないにも関わらず会社が嫌になった。
楽しく働きたいのにそれができない。
仕事がイヤで仕方がない。
勤めてから10年、今になって仕事にやりがいが持てなくなった。
メンタル面に不安があり、自分の仕事に価値を見出せない。

【その他】
周りの人と自分を比べてしまう。
自分の悪いところではなく、良いところをもっと認めてほしい。
セクハラ(パワハラ)される。
先月リストラにあい将来が全く見えない。
現在派遣社員でこのまま派遣で暮らしていくことが不安で仕方ない。
入社して早くも窓際になった。
管理職、経営者の孤独感がある。
旦那の経済状況から働かざるを得ない状況になった。
ブラック企業で働いている。
職場に慣れず精神疲労がどんどん溜まっていく。
夢と現実のギャップを抱えている。
仕事と生活のバランスが悪い。